ユニークなコーヒー占いの手順

トルコでは長い歴史を持つトルコ式のコーヒーが人々に愛され続けてきたということは前回お話しましたが、そのトルココーヒーを使ったある占いが昔から親しまれています。飲み終わったあとのカップにソーサーをかぶせてひっくり返し、カップの底に残った粉の模様によって占う、その名も「コーヒー占い」。粉を濾さずに淹れるトルココーヒーならではのとってもユニークな占い方ですね。

トルコに古くから伝わるコーヒー占い 後編 トルコに古くから伝わるコーヒー占い 後編

残った粉の形で占います

占いの一例を挙げると、例えば残った粉が全体に流れていたら「様々な事が好調に展開していき、周囲からの協力も見込める」、また粉が底にかたまったままだったら「今はじっと我慢する時期」など…。また粉の形を様々なモノに見立ててそのアイテムによって占いをする方法もあるそうです。いずれもプロの占い師だけでなく、一般の人々によって楽しまれている占いなので、諸説があるようです。

現地ではプロの占い師に見てもらう事もできます

もしトルコで本格的なコーヒー占いをしてもらいと思ったら、占い専門店に出かけてみましょう。イスタンブールのベイオール地区には、コーヒー占いをしてくれるカフェが集まっています。目印は「Fal Evi(占い館)」の看板、どこのお店も店内は普通のカフェと同じような雰囲気ですが、コーヒー占いとタロット占いなどのメニューがあり、価格は占い料を込み日本円で1000円程度と気軽にトライできるお値段です。コーヒー占いをお願いする場合は、飲み終わったカップにお皿をふたのようにかぶせて置いておきます。店員さんが占いの順番を案内してくれるので、カップを持って占い師の元へ。占い師の中には英語が出来ない人もいるため、入店する際に確かめておくとよいでしょう。

コーヒーを味わったらぜひ占いも忘れずに

元々は生活の中で親しまれてきた占いなので、占い師の元に行かなくても、たまたま居合わせた地元の人が占ってくれる、なんていうこともあるかもしれません。トルコへ旅行することがあれば、ぜひ本場のトルココーヒーを飲んで占いをしてみてくださいね。