航空券を買ったのはいいけれども、スケジュールが……

直行便の航空券がとれたらいいのですが、予算やスケジュールの関係、また、そもそも目的地に日本から直行便がない場合は、どうしても経由便になってしまいます。うまい具合に、それほど乗継地で待つこともなく、大慌てで乗り継ぎをしなくてはいけないほどギリギリの乗り継ぎ時間でもなければいいのですが、そんなことはめったにありません。私は、仕方がない場合を除いて、ギリギリの乗り継ぎ時間の便は選びません。天候や機材トラブルなど、いろいろなことがありますので、できるだけゆったり目に乗継時間をとるようにしています。ですが、乗継地でゆったりしすぎるくらいの時間があったらどうしましょうか?

乗り継ぎ空港で待ち時間がいっぱいありすぎ・・・どうしよう? 乗り継ぎ空港で待ち時間がいっぱいありすぎ・・・どうしよう?

空港外に出て、プチ観光を楽しんでしまいましょう

乗継の空港が、どこの国にあるかもありますが、たくさん乗継時間があるときは、一旦入国手続きをして、空港外に出てプチ観光をすることもできます。国によっては、査証が必要なこともありますので、出発前によく調べておきましょう。また、夜中に出歩くのはNGです。プチ観光は、昼間のお楽しみです。なお、空港によっては乗り継ぎ客のために、乗継空港発着の無料もしくは安価の市内ツアーを用意していることもあります。たとえば、トルコのイスタンブール空港でも、市内ツアーがあります。出発時間が決まっていますので、いつでも参加できるというわけではありませんが、タイミングがあえば是非。オマケのイスタンブール観光です。なお、変更になることもあるので、出発前に確認をしておくといいですよ。

ラウンジでゆったりすごして体力温存

空港のラウンジというと、ビジネスクラスやファーストクラスの乗客しか利用できないイメージがありますが、そうではありません。だいたい20〜40ユーロ程度が多いのですが、有料で利用できるラウンジもあります。イスタンブール空港でも、有料で利用できるラウンジがありました。軽食やドリンクは食べ放題飲み放題、シャワールームもありますし、搭乗口のベンチとは雲泥の差のふかふかソファも。ラウンジでゆったりすごし、旅行先で楽しく過ごすために体力を温存する手もありますよ。もちろん、ラウンジについても前もって確認しておいてくださいね!