page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
トルコ・イズミール・世界遺産の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

古代ペルガモン遺跡がある世界遺産の町ベルガマ


掲載日:2018/08/15 テーマ:世界遺産 行き先: トルコ / イズミール

タグ: すごい! 遺跡 一度は行きたい 街歩き 史跡 歴史


世界史の教科書で見た風景が今ここに

中央に見える弧を描いた大階段が劇場、左手の白い大理石列柱がトラヤヌス神殿 中央に見える弧を描いた大階段が劇場、左手の白い大理石列柱がトラヤヌス神殿

世界遺産の町では、住民が気を遣いながら生活しているのではと思う。建物などの規制も多かろう。だが実際にはどこの町でも人々は世界遺産を気にすることなく普通に過ごしている。ここはトルコの西端、イズミル県の北部に位置するベルガマの町。人口11万人ほどの、トルコによく見られる中都市だ。住民は遺跡を生まれた時から見ているのでごく自然に受け入れている。ベルガマと聞いてピンとこない人でも、ペルガモンと聞けば「ああ、あの…」、と気付くであろう。そう、ベルリンのペルガモン博物館で有名な町なのだ。19世紀後半にカール・フーマンというドイツ人によって発見され、ベルリン博物館協会によって発掘が行われて現在の遺跡が現れた。殆ど朽ちていたゼウスの祭壇をベルリンへ運び、修復して展示しているのがベルリンのペルガモン博物館である。

世界遺産の遺跡と共に日々を過ごすベルガマ市民

中心のショッピング通りには大型スーパーも何軒か並んでいる 中心のショッピング通りには大型スーパーも何軒か並んでいる

ペルガモンは紀元前3世紀半ばから2世紀まで続いたペルガモン王国の首都で、古代ギリシャ時代に建設されたアクロポリスはベルガマの町の高台にある。町のどこからでもこのアクロポリスの丘が見える。トラヤヌス神殿、武器貯蔵庫、ディオニソス神殿、大劇場、アテナの神域などなど。ベルガマの人たちは、こんなに凄い古代遺跡を日常的に眺めながら生活しているのだ。町の中心部は他のトルコの町と変わらない。人も車も多くて活気に満ちている。ツアー観光客は遺跡だけ訪れて町の中には来ないので土産物店は無い。しかし、地元の人が買いに来る日用品店の中に上質なオリーブ石鹸を扱っている所もあり、知っていれば町歩きも面白い。ドイツ語でペルガメントという羊皮紙はペルガモン時代にここで作られたので、羊皮紙を売っている店もある。

ベルガマが誇る偉大な医学者ガレン

町のイベントが開かれる中心広場にガレンの銅像が立っている 町のイベントが開かれる中心広場にガレンの銅像が立っている

町の中心広場に石像が立っていた。大理石柱に寄りかかって大きな本を広げている。この人物は古代ペルガモン出身のガレン(ガレノス)という医学者だ。なるほど、それで医学の象徴である蛇が柱に巻き付いているのだ。彼以前にヒポクラテスが、病の原因は迷信や呪いによるものではなく科学的根拠があって発生するものだ、と分析した。その理論を受け継いで医学を発展させたのがガレンだった。今でもヒポクラテスは“医学の父“と、ガレンは”基礎医学の祖“として人々から崇められている。ペルガモンの裕福な家庭で育ったガレンは10代後半からローマやアレクサンドリアなど各地で医学を学んだ。28歳で故郷に戻ってからは臨床医として働きながら医学を学んでいた。薬草を使う治療を始めたのもガレンだった。ベルガマでは薬草園も含めたガレン博物館の建設が計画されている。

遺跡周辺の瓦礫は民家の庭へ

眺めの良いバルコニー席からは家族の楽しげなはしゃぎ声が聞こえてくる 眺めの良いバルコニー席からは家族の楽しげなはしゃぎ声が聞こえてくる

夕方、町の北側高台にあるアクロポールというお洒落なレストランへ行った。ベルガマの町が一望できる。レストランの庭にはアクロポリスにあったという柱があちこちに置かれており、これが本物であるのがベルガマらしい。市内の民家の庭でも所々で遺跡の一部と思われる石や柱を見かける。今は遺跡から瓦礫を持ち出すことは厳禁だが、昔は建材として自由に使うことができた。正に遺跡と共に暮らすベルガマの町である。市内にはアクロポリスの他にガレンが学んでいたアスクレピオン(診療施設)の遺跡や、一世紀後半に建設されたキリスト教会の遺跡、2世紀に造られた地下水道跡などがあり、観光名所が盛りだくさんだ。町は2014年に「ペルガモンとその重層的な文化的景観」として世界遺産に登録された。駆け足ではなく、じっくり訪れることをお勧めしたい。

データ

レストラン・アクロポールの庭に散らばるアクロポリスの瓦礫 レストラン・アクロポールの庭に散らばるアクロポリスの瓦礫

ベルガマBergama へのアクセス
イズミルからが最も便利

イズミル空港から郊外電車IZBAN(Izmir Suburban System)でAliagaまで1時間45分。料金6.48TL
Aliagaから公共バスESHOT (Izmir Metropolitan Municipality)でBergamaまで40分。料金5.70TL

イズミル市内から行く場合は長距離バスターミナルIzmir Intercity Bus TerminalよりHAVAS社のミニバスで直接ベルガマ市内まで2時間。料金15TL
空港から市内の長距離バスターミナルまでは公共バスESHOT 204番で30分。料金5.72TL

※トルコリラはレートの変動が激しいので要チェック  
   1TL=約24円  (2018年7月現在)

レストラン・アクロポール
Restaurant Akropol
住所:Ulucami Mahallesi, Ittihat ve Terakki Cad, 35700 Bergama
電話: 0232 632 77 22
営業時間:12:00~24:00
休日:なし

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/08/15)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索