page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
トルコ・イズミール・リゾートの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ここぞエーゲ海、トルコのアラチャトゥ・ポート


掲載日:2019/06/29 テーマ:リゾート 行き先: トルコ / イズミール

タグ: おいしい グルメ セレブ レストラン 素晴らしい


違和感があるほど高級感あふれるポート付近の家並

大胆に広く開け放たれたレストランの窓 大胆に広く開け放たれたレストランの窓

そのレストランはアラチャトゥから3キロほど南のアラチャトゥ・ポート(港)にあるという。港へ近づくに連れて海沿いには真っ白で大きな館が、そしてそこかしこにプール付きの大きなホテルが現れた。それら全てが、今までトルコでは見たことのないゴージャスな建物ばかり。この辺り一帯に何ともセレブな雰囲気が漂っていている。ここはトルコなのか?いや、これがトルコなのかも知れない。そして目指すレストラン・ラガダは海に突き出たハーバーの上に建っていた。たくさんのヨットがレストランから乗り込めるほど近くに停泊している。海に面した1枚ガラスのテラスウィンドウは開け放たれ、爽やかな風が入ってくる。抜群の環境、素晴らしい景色。エーゲ海の、海の真上で食事をするみたいな、この上ない贅沢。

研究し尽した和食も料理の一品に

今朝、近くのエーゲ海で獲れたという新鮮な海の幸 今朝、近くのエーゲ海で獲れたという新鮮な海の幸

まずメニューを頼むと、メニューは無いのでカウンターの魚を見て注文を、とのこと。日本の寿司屋のようになっているかな、と行ってみると、ケースの中には色々な種類の魚が大胆に並んでいた。エビとイカは判るけれど、他は名前を知らない。結局、シェフのお任せメニューで、ということなった。テーブルにはとってもおいしいパンとオリーヴ油が用意されている。これだけで幸せ気分だったが最初に出てきた一皿を見てビックリ。表面を焼いたマグロのたたきで醤油とワサビで食べる。和食を真似したもので、ヨーロッパ人に大変好評であるとのこと。マグロのソテー串刺しもあり、これもgood!イカは細切りのフライ、タコはタンドリーソース味、キョフテは羊肉ではなく赤ボラのすり身揚げ、日本風エビの姿揚げも出てきた。グリーンサラダにかけるオリーブオイルドレッシングも上品で超一流の味。

種類が豊富な魚、どれも唸るほど美味しい!

完全にマグロのたたきなのだが、味はどことなく洋風 完全にマグロのたたきなのだが、味はどことなく洋風

器で出てきたエビ団子とマッシュルームのクリーム煮は抜群に美味しかった。最後はラゴスLagosという地中海でしか獲れないクエに似た高級魚。軽く塩胡椒した切り身を網で焼いただけで、日本の塩焼き魚に似ている。もう食べられない。それにしてもなんと魚の種類の豊富なことか。ヨーロッパの海のない国では魚というと川魚かバス(パーチ)ばかりだ。日本ほど魚が豊富で美味しい国はないと自負していたが、ちょっと反省。エーゲ海や地中海、特にイズミルから東のチェシュメ半島の海では、泳いでいると魚にぶつかるという。浅瀬にまで魚がいるくらいエーゲ海は海の幸の宝庫なのだ。レストランの背後には、海に沿って真っ白な館が並び、どの家も専用のマリーナがあってヨットが停泊している。トルコにこんなリゾート地があったのか、と驚くばかりだ。この夢の様なアラチャトゥ・ポート、実はフランス人のアイデアから生まれている。

フランス人都市開発家、トルコ人建築家、アラチャトゥ町長の熱意

こんな新鮮な葉物があったのか、と感激するグリーンサラダに香ばしく揚がったエビフライが良く合う こんな新鮮な葉物があったのか、と感激するグリーンサラダに香ばしく揚がったエビフライが良く合う

建築家で都市計画も手掛けるフランソワ・スポリーは地中海のグリモーでリゾート地ポール・グリモーを建設して大成功を収めた。海に直接面した家にヨットハーバーがあり、庭から船に乗り込める。1994年、スポリーはエーゲ海航海中にアラチャトゥの漁村を発見し、この遺跡の多い場所にポール・グリモーのミニ版を造りたい衝動に駆られる。早速アラチャトゥ町役場との交渉が始まり、翌年には有能なトルコ人建築家アイクツ・ムトゥルを中心にプロジェクトチームが発足した。スポリーは1999年に亡くなったがアイクツ・ムトゥルが完成させ、マリーナ付き別荘の販売が2011年から始まった。その間、アラチャトゥ町長は町民の猛反対や裁判にも巻き込まれるが、この寒村発展のために、と諦めなかった。関係者の熱意と努力により多くの苦難を乗り越えて出来上がったのがアラチャトゥ・ポートなのである。

データ

今でも忘れられないあの味、エビ団子とマッシュルームのクリーム煮 今でも忘れられないあの味、エビ団子とマッシュルームのクリーム煮

レストラン・ラガダ
Restaurant Lagada

住所:Alacati Mahallesi 18000/1, Sokak No.4/13 Alacati Port, Cesme, Izmir
電話:+90 232 716 07 65
予算:ランチは120TL 〜 150TL、ディナーは160TL〜 (トルコリラ = 約20円 )
アクセス:アラチャトゥからタクシーで5〜7分

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/06/29)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索