page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
トルコ・イズミール・憧れホテルの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

アクロポリスの丘の麓にある、思い出深きホテル・ヘラ


掲載日:2019/08/14 テーマ:憧れホテル 行き先: トルコ / イズミール

タグ: かわいい プチホテル 世界遺産


屋外の空間も素敵に利用

木陰で涼しい、宿泊客が寛げるリビング風の中庭 木陰で涼しい、宿泊客が寛げるリビング風の中庭

ここはトルコ西部のベルガマ、古代都市ペルガモン。2014年に世界遺産へ登録された町だ。今では雑然とした、いわゆるよくあるトルコの町だが、紀元前のヘレニズム時代に建設された古代都市である。町の直ぐ後ろにアクロポリスの丘があり、トラヤヌス神殿や劇場などの遺跡が見える。古代遺跡が日常の風景の中にあって、市民は世界遺産と共に暮らしている。世界中から多くの観光客が訪れる。ツアー客が多いので郊外に大きなホテルがあるけれど、個人客用のこぢんまりとしていて快適なホテルは意外と少ない。そこでお薦めしたいのが、ここ、ホテル・ヘラだ。ベルガマの中心部から歩いてわずか5分という、便利な場所にある。

がっしりした石壁は100年以上前のもの

ホテル入口に植えられたブーゲンビリアが美しく花咲く ホテル入口に植えられたブーゲンビリアが美しく花咲く

町の北側、アクロポリスの丘の麓にある小さなホテルだ。正確には、南北に広がるアクロポリスの丘の南端に残るサンクチュアリ・オブ・デメテル遺跡の真下に位置している。サンクチュアリ・オブ・デメテルはヘレニズム時代に築かれた聖域で、幅50m、長さは100メートル近くある長方形の神殿跡だ。この右手にアクロポリスの丘へ上がるケーブルカーのステーションがあり、ホテルから徒歩10分ほど。ホテル・ヘラはギリシャ風の2つの館を合わせてブティックホテルに改築し、2011年にオープンした。堅固な石壁など、外観はオリジナルのままだ。坂の途中にあり、周りには石畳の細い路地が広がっている。

ベルガマ産の羊皮紙に描かれたギリシャの神々

ホテルの名前にもなっている客室「ヘラ」には羊皮紙にゼウスの妻ヘラが描かれ飾られている ホテルの名前にもなっている客室「ヘラ」には羊皮紙にゼウスの妻ヘラが描かれ飾られている

客室は10室。全ての部屋にギリシャ神話に登場する神々の名前が付けられている。ゼウス、ヘラ、アテナ、アフロディティ、アポロ、ポセイドンなど、馴染みの名前ばかり。それぞれの部屋に羊皮紙に描かれた、部屋の名前の神が、額にはめられて飾られている。羊皮紙はベルガマで誕生したものだ。古代都市ペルガモンは蔵書の数をアレキサンドリアと競ったほど文化が高く、パピルスに代わるものとして羊皮紙が開発された。羊皮紙は今日ベルガマの名産品になっている。各部屋にはアンティーク調の家具が設置されており、そこに羊皮紙を張った額が飾られているのは、いかにもベルガマらしい。こんなに雰囲気のあるホテルがベルガマにできたことが嬉しい。

シンプルだけれど朝食の全てが美味しい

色の鮮やかさからも判るように、野菜も果物も抜群に新鮮 色の鮮やかさからも判るように、野菜も果物も抜群に新鮮

朝食は地元の農産物を集めた新鮮な食材ばかり。朝食ルームの下にはホテル自慢のワイン蔵ディオニソスがある。選りすぐれたトルコワインばかり集めているので時間があれば楽しんでみたい。2つの館の間には中庭があり、風通しが良くて心地良いリビングになっている。近くに有名なレストラン・アクロポールがあるので夕食はそこで。暗くなってもホテルに直ぐ戻れる。帰り道、遊んでいた子供たちが「日本から来たの?じゃ、僕たちの写真を撮って!」と近寄って来た。ドイツなどでは個人情報保護法なるものを盾に、たまたま写ってしまった人でも「消去して!」と言ってくるのと大違い。写真を撮って、と笑顔で話しかけてくるトルコの子供たち。嬉しい一瞬をありがとう!

データ

ホテル・ヘラの近くに住んでいる子供たち ホテル・ヘラの近くに住んでいる子供たち

ホテル・ヘラ
Hotel Hera

住所:Talatpasa Mah. Tabak Kopru Cad. No:21 Bergama
電話:+90 (232) 631 06 34
料金:ツインルーム、朝食付き、6300円〜
E-mail: info@hotelhera.com
http://hotelhera.com/eng/

※冬場はお休みする時期があるので要確認

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/08/14)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索