page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
トルコ・イズミール・遺跡の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

絶景!世界遺産ペルガモンの劇場跡


掲載日:2019/09/14 テーマ:遺跡 行き先: トルコ / イズミール

タグ: 遺跡 世界遺産 絶景 歴史


古代劇場の中で最も険しいこの傾斜

ベルガマの町からも良く見える古代の劇場跡 ベルガマの町からも良く見える古代の劇場跡

数ある古代都市の劇場遺跡の中で、これほどインパクトのあるものはないであろう。急斜面に建設され、規模も大きく、そして保存状態も大変良い。ここはトルコ西北部のベルガマ。古代ではペルガモンと呼ばれた都市だ。絶景だ!と感嘆しているのはアクロポリスにある劇場跡である。観客席およそ1万人、36メートルの高低差の中に80列、それが2つの踊り場によって分けられている。階段状に造られた観客席の幅は75センチ。この規則正しい幾何学的な観客席が、なんとも美しい。平地に建設された古代劇場が多い中、ここは上から見下ろすと、転がり落ちて行く気がする急勾配の劇場。足を踏み外せば命に関わるような危険な美しさだ。

白さが映えるトラヤヌス神殿跡

新しい柱がプラスされている所もあるが、殆どがオリジナル 新しい柱がプラスされている所もあるが、殆どがオリジナル

一般的には劇場よりも、このトラヤヌス神殿のほうが取り上げられることが多いかもしれない。真っ白な柱が立ち並ぶ姿は壮観で、ここに神殿があった頃のことを想像させる。アーチ型の土台を重ねた上に建設されており、その土台は劇場側から良く見える。この神殿は古代ローマ皇帝トラヤヌス(在位117〜138年)を称えて建設されたもので、ローマ時代になってからの建造物はこの神殿のみである。それ以前に建っていた建物は取り壊されて判らない。この時代は皇帝が神として奉られており、神殿はなにかにつけて市民が集まる場であった。柱は継ぎ接ぎだらけで、いかにも修復された感じがあるが、他の部分も直すと遺跡らしくなくなるので修復しないとのこと。

劇場の観覧席で一休みしていこう

トラヤヌス神殿の土台となっているアーチがここから良く判る トラヤヌス神殿の土台となっているアーチがここから良く判る

劇場は下まで降りていくことができる。足を踏み外して下まで転げ落ちる人はそういないらしい。劇場の一番下は崖の中腹だが、そこにテラスが設けられいるのが判る。幅は18メートル、長さは247メートルという立派なもので劇場を中心に左右に広がっている。下にあるステージは、当時は木造のステージで、演劇がある度に組み立てたり取り壊したりしていたらしい。その機材を収納していた穴がテラスに並んでいる。観客席の最上段にも緩やかにカーブを描いた回廊が巡らされていたが、現在残っているのは赤い石で建てられたビザンチン時代の塔だけ。劇場のある場所からはベルガマ市内を遠くまで見渡すことができる。

上都市から歩いて降りてこよう

劇場の中腹から南へ続く保存状態の良い通路 劇場の中腹から南へ続く保存状態の良い通路

ペルガモンは紀元前3世紀後半から紀元前2世紀前半にかけて存在したアッタロス朝の首都として栄え、その後ローマ帝国の属州となってからも繁栄を続けた。エーゲ海からは25キロほど内陸にある。町の北端を塞ぐように標高350メートルの岩山が切り立っており、岩山の後ろは絶壁なので近寄ることができない。古代都市建設の条件が十分に満たされた町だった。上都市、中都市、下都市の3つに分かれて建設されているが、今日の観光では支配者たちが住んだ上都市のみ見学する人が多い。麓からのロープウェイは上都市の入口まで行くが、帰りは徒歩で降りてきたらどうか。時間をかけて中都市や下都市も見学できたら、古代都市の本当の姿が判るであろう。

データ

古代都市ペルガモンの見取り図が上都市入口にある 古代都市ペルガモンの見取り図が上都市入口にある

ベルガマBergama へのアクセス
イズミルからが最も便利
イズミル空港から郊外電車IZBAN(Izmir Suburban System)でAliagaまで1時間45分。
Aliagaから公共バスESHOT (Izmir Metropolitan Municipality)でBergamaまで40分。

イズミル市内から行く場合は長距離バスターミナルIzmir Intercity Bus TerminalよりHAVAS社のミニバスで直接ベルガマ市内まで2時間。
(イズミル空港からイズミル市内の長距離バスターミナルまでは公共バスESHOT 204番で30分)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/09/14)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索