page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アラブ首長国連邦・ドバイ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

アラビアムードたっぷりの、ロマンティックなディナーをどうぞ


掲載日:2007/08/10 テーマ:グルメ 行き先: アラブ首長国連邦 / ドバイ

タグ: おいしい すごい! グルメ レストラン 紅茶


パテオのようなテラス席は、アラビア調のインテリアとオブジェでムード満点!

パテオのようなテラス席は、アラビア調のインテリアとオブジェでムード満点! パテオのようなテラス席は、アラビア調のインテリアとオブジェでムード満点!

アラブの町を散策したら、ぜひ舌でもアラブを味わっていただきたい!アラブ料理レストラン「バスタキア・ナイト」(Bastakiah Nights)は、ウィンドタワーの外観はもちろん、内装もアラブムードたっぷり。天井から垂れ下がる貝殻の巨大ランプ、大きなテラス席には重厚なテーブルセットにアラブのソファー、数々のオブジェに程よく薄暗い灯りとアラブの伝統音楽…。テーブルに着いて、まず出されるのがミント&レモンのウェルカムドリンク。そして、丁寧な給士がエキゾチックな筒からメニューを差し出します。こうしてロマンチックなアラブのディナーが始まるのです。

目の前に広がる色とりどり前菜には圧巻!

お皿は全てブルーで統一。テーブルの上に並べられる色とりどりの前菜 お皿は全てブルーで統一。テーブルの上に並べられる色とりどりの前菜

料理はコースのみ。スープ含め前菜が7品、メインとサイドディッシュそしてデザート。まずは前菜、一気にテーブルに置かれる数々のお皿には驚くこと間違いなし!アラブの前菜は主に、ホブス(平べったいパン)を、ホモス(ヒヨコマメペースト)や茄子やキュウリのゴマペーストで頂きます。ホブスと共にタブレ(刻んだ野菜とパセリにレモンをかけたもの)やコウペピア(野菜とご飯をワインの葉でくるんだもの)と食べるのも美味しい!またミンチの入った揚げ物もありバラエティに富んでいます。ホブスに付けて食べるハモスは癖になる美味しさ!

本場のケバブを堪能!

一番人気のミックスケバブはボリューム満点! 一番人気のミックスケバブはボリューム満点!

どこのアラブ料理レストランでも大抵ホブスは焼きたてが運ばれてきます。このレストランも当然焼きたて!しかもゴマ入りでさらに香ばしい味わい。前菜からついつい食べ過ぎてしまうので、要注意!
メインは8種類の中から選びます。アラブ料理の代表と言えばやはりケバブ!
ケバブは肉や魚を玉ネギやピーマンと一緒にスパイスで串焼きにします。辛くはなく食べやすい味です。人気の一皿、ミックスケバブは牛・鶏・ラムのケバブとライス。前菜もメインもボリューム満点です。
メインの後はすっかりお腹いっぱいになりますが……でも、デザートは別腹?!

ゴージャスなデザート、最後はミントティー

二段のデザート皿に並べられた、フルーツやお菓子にはうっとり 二段のデザート皿に並べられた、フルーツやお菓子にはうっとり

クレームキャラメルが配られた後、テーブルの中央にドンと置かれた2段のデザート皿!上段は可愛らしいアラブのお菓子とデーツ、下段には綺麗に並んだフルーツ。デーツとはナツメヤシの実を熟させて干したもので、アラブの主要作物です。甘くて栄養もたっぷり。アラブのお菓子は、小さなクッキーやパイのような感じで、見た目も可愛らしいのです。
最後はゆっくりお茶でも飲んで消化の手助けをしたいところ。紅茶やコーヒーもいいですが、やはりドバイへ来たらアラブ名物ミントティーを!ティーポットと共に現れる、小さなガラスコップとソーサー。この小さなコップでミントティーを頂くのがアラブ式。胃も気分もスッキリするでしょう。
ドバイはイスラム教の国の為、主にホテル内のレストランしかアルコール類はありません。バスタキア・ナイトにもアルコール飲料はありませんが、その分、このアラブムードに酔いしれてください!

【関連情報】

とっても可愛らしいアラブのカップ&ソーサー。エメラルドのミントティが栄えます とっても可愛らしいアラブのカップ&ソーサー。エメラルドのミントティが栄えます

■ Bastakiah Nights(バスタキア・ナイト)
住所:Bur Dubai、Bastakiah(バスタキア)地区内
電話番号:(+971)4-3537772
営業時間:18:00〜24:00 *10〜7月は11:30〜24:00
定休日:無休
その他:コース128Dh(約4,195円)飲料代は別途かかります。夏場は店内席がお勧め。カード可。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/08/10)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索