page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アラブ首長国連邦・ドバイ・船・クルーズの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ドバイの夜景を存分に味わうなら、ダウ船ディナークルーズ!


掲載日:2007/10/26 テーマ:船・クルーズ 行き先: アラブ首長国連邦 / ドバイ

タグ: おいしい クルーズ グルメ 絶景 夜景


アラブの伝統的な船、ダウ船とは?

クリークに停泊している伝統あるダウ船は、とても赴きがあります クリークに停泊している伝統あるダウ船は、とても赴きがあります

ドバイの中心をゆったり流れるクリーク(運河)には、たくさんの船が停泊しています。その中でも有名なのが、ダウ船。ダウ船とは、イスラム圏の伝統的な木造の船で、釘を一切使わず、紐やタール(乾溜液)などによって組み立てられているのが特徴。ドバイの街は、このダウ船をつかって貿易を行い栄えていきました。そして今尚、現役のダウ船がクリーク沿いに停泊し輸出入業に勤めています。そんな伝統的なダウ船、貿易業以外にも大活躍しています。そう、ダウ船ディナークルーズです!

ダウ船ディナークルーズツアー

ライトアップされたディナークルーズ用のダウ船 ライトアップされたディナークルーズ用のダウ船

たくさんのツアー会社がダウ船ディナークルーズを行っています。値段は、200Dhs(約6400円)前後から、もっと高くて豪華なものと様々です。どこのツアー会社も、内容は2時間〜3時間ほどクリーク内をゆったりと周ります。食事はビュッフェタイプが主なようですが、会社によってはコースメニューのところも。船の形も様々で、各ダウ船の個性豊な電飾も面白いですよ!またダウ船ではなく、ガラス張りのお洒落な船でいくバトークルーズもあります。値段・食事・サービス内容はそれぞれ違うので、各ツアー比較して予約してくださいね!

ドバイの夜景を見ながら、ロマンチックなディナーを

乗り場では、ウェルカムドリンクでお出迎え 乗り場では、ウェルカムドリンクでお出迎え

さて今回、私が利用したのは一人140Dhs(約4500円)のディナークルーズ。出航は夜の8時前後。入口ではアラブ伝統のコーヒーとデーツ(ナツメヤシの実)でお出迎え。ほとんどの船が二階建てタイプなので、涼しくなり始めた秋からは、気持いい風が当たる二階席がお勧め!このダウ船での料理はオリエンタル料理のビュッフェスタイルで、アラブ料理やインド料理、中華などもありました。もちろんデザートもたっぷりで、お酒(別途料金)も飲めます。船内はほとんど揺れませんので、安心してお食事できますよ。

クリークからドバイの夜景を満喫!

ダウ船から眺める夜景は、とっても素晴しい!! ダウ船から眺める夜景は、とっても素晴しい!!

船内では乗務員さんが景色の説明をしてくれます。ホテルや企業の高層ビルの明かりや、クリーク沿いのレストランやモスク(礼拝堂)の灯り、行き交うアブラ(水上タクシー)にライトアップした様々なダウ船……現代と過去が入り混じった神秘的な風景です。また、現在世界一の高さを目指すバージュ・ドバイの姿も見えるのでお見逃しなく!心地いい風に当たりながら、ゆったりと食事を楽しみつつ眺めるドバイの夜景は最高です!家族や友人、恋人と過すこんな一時は一生の思い出になることでしょう。ドバイで過すメインイベントの一つとして、ダウ船ディナークルーズは外せません!!

【関連情報】

■ダウ船ディナークルーズ
集合場所:Bur Dubai,クリーク沿い英国大使館近く。
出航時間:20:00前後
*各会社によって集合場所・時間は違います。またホテルまで迎えに来るサービスもあるので、お問い合わせください。
■Oasis Palm Tourism(今回利用した会社)
電話:(+971) 04-2628889 料金:一人140Dhs(約4500円)別途アルコール類
URL:http://opdubai.com/contactus.htm
■Bateaux Dubai(ガラス張りの船でのディナークルーズ)
電話:(+971)04-3994994
URL:http://www.jebelali-international.com/properties/bateaux_dubai/vessel/overview.html

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/10/26)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索