ゴージャスなドバイ空港。真夜中なのに、キンキラキン!

中東のドバイは、五つ星ホテルなんか目じゃない七つ星ホテルが有名というほど、ゴージャスなイメージがあります。そんなドバイの玄関口、ドバイ空港もゴージャスなつくりです。立地上、とても暑いので、涼しい時間帯に飛行機が発着できるようにとの配慮から、真夜中ににぎわうという空港です。夜中に閉まってしまう成田空港に慣れている身としては、とても不思議です。ですが、郷に入れば郷に従え。真夜中の空港を楽しみましょう。

ドバイ空港の名物は、宝くじ。一攫千金を狙え!  ドバイ空港の名物は、宝くじ。一攫千金を狙え! 

ここは、ショッピングアーケード?

さて、真夜中ににぎわうドバイ空港ですが、そこではたくさんの乗客がショッピングにいそしんでいます。ふつう空港には、免税店がありますが、そういった規模とは違い、まるでショッピングアーケードのようになっています。特に女性にはたまらないでしょう。ついついあれもこれも、欲しくなってしまいます。そんなドバイ空港の名物は、宝くじです。約一億円が当たる宝くじ、高級車が当たる宝くじがあります。宝くじは、なかなか当たらないものですが、当選確率が高く、たとえば一億円が当たる確率は5000分の1だといわれています。ちなみに、ジャンボ宝くじの一億円が当たる確率は、3333334分の1程度だそうです。

私も買ってみました。その結果は?

私も、物は試しと宝くじを買ってみました。高級車が当たるというものです。まずは係員にお金を払い、たくさんあるカードのうち、1枚を選び、そこに名前や住所、メールアドレスを書きます。それで手続き完了で、あとは当選の通知を待つばかり。そして、宝くじを買って、1か月ほどあと。私のアドレスに1通の英文のメールが届きました。残念ながら、私は、はずれてしまいました。メールには、律儀なことに、当たった方の名前と性別と国まで書き添えてありました。私が宝くじを買ったときの当選者は、インドにお住まいの男性でした。なお、高級車が当選したときは、賞品を受け取りにいくときの飛行機代やホテル代も出してもらえるそうです。あのときのインドの方は、再びドバイを満喫したのでしょう、まったく羨ましい。