page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

イギリス・アシュフォード・観光地・名所の現地ガイド記事

RSS

海外現地発ガイド通信

廃墟から美しい庭園に大変身!花が咲き乱れるシシングハースト・キャッスル・ガーデンで癒されよう

掲載日:2018/07/14 テーマ:観光地・名所 行き先: イギリス / アシュフォード ライター:ディキンソン恵子

タグ: 素晴らしい 美しい 癒し



ABガイド:ディキンソン恵子

【イギリスのABガイド】 ディキンソン恵子
全ガイドを見る
1994年よりロンドン在住。日系リサーチ会社、英系出版社を経て、家具作りコースや食品衛生コース終了。D.I.Y.が得意。ロンドンやイギリス生活情報をブログ「下町ロンドン日記 * My Japlish life in London」やメルマガ「ありのまま…主婦の下町ロンドン」から発信中。

シシングハースト・キャッスル・ガーデンのコテージ・ガーデンから望む屋敷とタワー シシングハースト・キャッスル・ガーデンのコテージ・ガーデンから望む屋敷とタワー

シシングハースト・キャッスル・ガーデン

「イングランドのガーデン」と呼ばれるロンドン南東部に位置するケント州。そのケント州にある庭園の代表格であるシシングハースト・キャッスル・ガーデンは、作家・詩人であったヴィタ・サックヴィル=ウェスト氏と、外交官の夫ハロルド・ニコルソン氏によって造られた素晴らしい庭園が見所です。1932年にヴィタとハロルドが購入した時点では、長い間手入れをされずに荒れ果てた廃墟だったというシシングハースト。夫婦2人3脚の共同作業で、シシングハーストは再生し美しく生まれ変わりました。

 

ローズ・ガーデンにはバラだけでなくハニーサックルやイチジクなど様々な植物があり、バラの季節以外も楽しめます ローズ・ガーデンにはバラだけでなくハニーサックルやイチジクなど様々な植物があり、バラの季節以外も楽しめます

シシングハーストの歴史

シシングハースト・キャッスル・ガーデンと呼ばれますが、実は長い歴史の間に城であったことはありません。農場としてその歴史は始まり、18世紀にはフランス人捕虜収容所として使用されたり、戦時中には婦人農耕部隊として利用したりと興味深い背景がありますが、現在はナショナル・トラストが所有、運営管理しています。シシングハーストの庭園は、ホワイト・ガーデン、ローズ・ガーデン、コテージ・ガーデン、ハーブ・ガーデンなどと、庭を家の延長とした部屋として見立て分かれ、季節の花が咲き乱れています。

 

タワーから見下ろす庭園 タワーから見下ろす庭園

シシングハーストの庭園

シシングハーストでは部屋毎にテーマがあり、花の色、香り、咲く時期などにもより部屋の雰囲気が異なります。それぞれの特報を生かした部屋にある植木や草花を色々な角度から見ると、きっと素敵な発見があるはず。次の部屋を覗き見るように、1つの庭から次の庭を見て、新たな庭園の表情と魅力が見えるのではないでしょうか。そして1560年代に建てられたタワーからの眺めは絶景です。敷地内の素敵な庭園を超えて、ケント州の田舎の景色が目の前に広がります。

 

ホップを乾燥する伝統的な乾燥窯オースト・ハウス ホップを乾燥する伝統的な乾燥窯オースト・ハウス

庭園の他にも楽しめるシシングハースト

シシングハースト・キャッスル・ガーデンの魅力は庭園だけではありません。ケント州の代表的な作物であるホップを乾燥する乾燥窯のオースト・ハウスという建物や、ヴィタ、ハロルドと家族が愛用していたサウス・コテージ、ヴィタが書斎として使用していたタワーや立派な図書室などの見学も忘れずに。サウス・コテージは今も家族が滞在するそうなので、時期によっては見学出来ない場合もあります。敷地内には3ベッドルームのホリデイ・コテージもあり、ゆっくり滞在したい人にオススメです。人気があるので早めの予約が必要です。(https://www.nationaltrust.org.uk/holidays/priests-house-kent)

 

ホワイト・ガーデンからタワーを望む ホワイト・ガーデンからタワーを望む

関連情報

■ Sissinghurst Castle Garden
住所:Biddenden Road, near Cranbrook, Kent, TN17 2AB
電話番号:+44 (0)1580710700
URL:https://www.nationaltrust.org.uk/sissinghurst-castle-garden
開園時間:カフェ・レストラン 毎日10am〜5:30pm、庭園 毎日10am〜5:30pmなど、場所や季節によって異なるので要チェック
閉園日:12月24日、25日(エステート全体)
アクセス:ロンドンからの一番簡単な方法はレンタカーなど車で行くことですが、最寄駅はStaplehurst(ステイプルハースト)で、駅からさらに車で約13分

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/07/14)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事