page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イギリス・ウエールズ地方・お酒・バーの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ウェールズの小さな漁村ポースゲインにあるパブ、ザ・スループ・イン


掲載日:2010/04/17 テーマ:お酒・バー 行き先: イギリス / ウエールズ地方

タグ: おいしい グルメ バー・パブ ビール 地酒 名物


ザ・スループ・イン

小さな漁村ポースゲインの入江、そして白い建物がザ・スループ・イン 小さな漁村ポースゲインの入江、そして白い建物がザ・スループ・イン

ウェールズのペンブロークシャー海岸国立公園内にある小さな漁村ポースゲイン。その小さな入江にあるザ・スループ・インは、地元民はもとよりこの辺りを訪れる観光客にも人気のパブです。1743年から続くこの小さなパブは、ペンブロークシャーでも有名なパブで、現在は海岸沿いを歩くウォーカーたちのお気に入りの場所でもあります。このバプから見える景色を見れば、人気の理由は一目瞭然!

美味しい地元ビール

カスク・コンディションという樽内で熟成された地元ビールを注いでくれるスタッフ カスク・コンディションという樽内で熟成された地元ビールを注いでくれるスタッフ

ザ・スループ・インは美しい景色を楽しめるだけでなく、美味しい地元のビールが飲めるパブ。フェリンフォール醸造所のエール「ダブル・ドラゴン」は、モルト味の効いたさっぱりした切れ味で、ウォーキングあとの乾いた喉を潤すのにピッタリです。家族連れにも入りやすい素敵なパブで、スタッフもとてもフレンドリー。素朴なウェールズのよさを満喫することが出来るパブです。

パブ飯もオススメ

パブ・ランチ、今日のオススメの一品「サバと季節の野菜」 パブ・ランチ、今日のオススメの一品「サバと季節の野菜」

ザ・スループ・インではパブに珍しく朝食も提供しています(午前9時半から11時まで)。昼食や夕食には軽食からフィッシュ&チップスまでバラエティな料理のメニューがあるので便利です。特に「今日のオススメ」のメニューは、新鮮でローカルな食材を多く使っているのでオススメ。ランチは12時から午後2時半まで、夕食は午後6時から9時半までです。週末の夜は混むそうなので、予約をした方が確実かも。

産業革命跡もお見逃しなく!

花コウ岩を上から落としていた建物跡やこの一帯は保存地区に指定されています 花コウ岩を上から落としていた建物跡やこの一帯は保存地区に指定されています

ザ・スループ・インはヴィクトリア朝時代には坑夫たちがよく通っていたパブだったそう。1880年代から1931年まで運行していたポースゲイン鉄道が走り、この小さなポースゲインの港から花コウ岩やレンガを船で輸送していたのです。現在の、のんびりとしたゆったり時間の流れる漁村のイメージとはまったく違うので、その格差も興味深いものがあります。入江の横から上って行くと、いろいろな産業革命時代の遺跡が残っているので、ぜひ散策してみてください。

関連情報

フェリンフォール醸造所の美味しいエール「ダブル・ドラゴン」 フェリンフォール醸造所の美味しいエール「ダブル・ドラゴン」

■ The Sloop Inn
住所:Porthgain, Pembrokeshire SA62 5BN
電話:+44 (0)1348 831 449
URL:http://www.sloop.co.uk
アクセス:電車で行くにはロンドン・パディントン駅からHaverfordwest(ハヴァフォードウェスト)駅まで約4時間半〜5時間。ハヴァフォードウェストからバス411番でSt.
Davids(セント・デイヴィッズ)経由でPorthgain(ポースゲイン)村へ行くことができます。車だと、ロンドンからポースゲインまで約5時間。
開店時間:毎日9:30〜23:00
ザ・スループ・インではホリデイ・コテージもあるので宿泊が出来ます

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/04/17)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索