日本での語学勉強は実になりにくい?

「外国語がうまくなりたい」と思う人は世に尽きません。学費や教材などに、少なからぬお金をつぎ込んだという人も多いことでしょう。それでもなかなか上達しないうちに「自分にはムリ」とあきらめモードになってしまう人が多いようです。これまで見た限りでは、日本にいて外国語をある程度まですらすらと話せるようになる人は、ものすごく稀だということ。相当の根気や興味がないと、皆途中で挫折してしまうのです。それは上達がなかなか感じられないから、そして感じる機会も稀だからでしょう。

海外でオケイコ! 語学を身に着けるには留学がいちばん? 海外でオケイコ! 語学を身に着けるには留学がいちばん?

留学と日本での勉強は何が違う?

語学をやる人の憧れは、やはり海外留学。そういう私も、実は9ヵ月ほどイギリスのチェルトナムという町にいたことがあります。ただしとくに英語を勉強したかったわけではなく、キャリアアップになるとも思っていませんでした。それでも現地では、絶対に英語を話さなくてはいけません。授業はもたもたしていると置いていかれます。そして効果的なのは、1日のほとんどを語学のことだけ考えていればいいということ。クラスメートとお互いつたない英語で話す楽しさも手伝って、気づくと必死で勉強するようになっていました。海外にいると、語学勉強に対する必死さと楽しさが格段に違うのです。

話すのに必要なのは「勉強」でなく「訓練」

語学のなかでもとくに、スピーキングやリスニングは訓練が必要な部分です。いくつかの単語の組み合わせ=文章を理解したうえで、言いたいことをとっさに英単語にすりかえて、英語の語順に変えて口から出さなくてはいけません。最初は単語が出てくるまでにタイムラグがあり、頭の中でしばらく考える時間が必要でした。しかし徐々にすぐ出てくるように、または少し回りくどい別の言葉を使って言えるようになってきました。完全に正しくはなくても、通じる言葉を使っているという嬉しさ。日々勉強しただけの実力アップを実感できるところが、留学のいい点です。

日本での勉強もある程度は大事

イギリスでは、私の英語の上達は比較的早かったように思えます。それは8年も前の大学受験時に必死で暗記した英単語を、留学中に改めて学んだ時にかすかに思い出し、脳への定着が早かったからのような気がします。こう思えば、日本でのつめこみ学習もわずかながら効果はあったわけですが、仕上げの留学なしでは、その宝は一生掘り返されることはなかったでしょう。やはり語学はあきらめないことが大事。留学を夢見つつ、今日もこつこつと勉強に励むことが、将来的な上達の度合いを決めると言えるかもしれません。