スコットランド旅行・スコットランド観光徹底ガイド

スコットランド旅行・スコットランド観光徹底ガイド

スコットランド旅行・観光の見どころ・観光情報

18世紀初めにイギリスに併合されるまで、スコットランドは独自の王国を築いていた誇り高い国。今でも自分たちの文化をとても大切にしている。世界遺産にも登録されている首都のエジンバラをはじめ、古い歴史を持つ町の多い南部が観光の中心。一方、北部のハイランド地方は荒涼とした手付かずの雄大な自然が広がり、トレッキングや自然観察がおすすめだ。ネッシーで有名なネス湖も、このハイランド地方にある。(2016年9月編集部調べ)

スコットランドへ行くツアーを見る

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
英語 GBPまたはSTG 約14時間 約-9時間

スコットランドの人気問合せ情報

スコットランドの最安値カレンダー

スコットランド旅行・観光の選び方

ロンドンとセットになったツアーが主流、オプショナルツアーを利用して郊外へ

日本からの直行便はないため、ロンドンから乗継便を利用するのが一般的。そのためロンドンとスコットランドの首都エジンバラ2都市滞在のツアーが多くなっている。他のヨーロッパ都市との周遊ツアーもあるので、日程や予算に合わせて選ぶといいだろう。首都エジンバラからは様々な日帰りツアーが催行されており、ハイランドの丘陵地帯の自然を満喫できるものや、スコッチウィスキーの蒸留所を訪ねる日帰りツアーも人気だ。スコットランド料理で有名なハギスやスモーク・サーモンなども滞在中に味わってみよう。(2016年9月編集部調べ)


スコットランドのグルメ・伝統料理

自然豊かなスコットランドでは、湖や川で獲れるサーモンや鱒、森で獲れるキノコ類やベリーなど、季節ごとの豊かな食材を使った料理を楽しむことができる。パブでの気軽な食事から、グルメも満足の高級レストランまで、食事の選択肢も多い。イングランドとはまた違った食文化を持つのが、スコットランドで、例えば「ハギス」は、羊の内臓や野菜を羊の胃袋に詰めて熱を加えた料理で、スコットランド独自のものだ。見た目は少しグロテスクだが、スコッチウィスキーとの相性は抜群だ。 (2015年編集部調べ)

スコットランドのショッピング情報

スコットランドのどこででも見かけるお土産品といえば、スコットランドの伝統衣装「キルト」だ。元々はスコットランドの高地ハイランド地方の男性が着ていた 「グレート・ハイランド・キルト」という服装が全土に広がって伝統衣装となったもの。様々な格子柄は日本の家紋のように氏族を表す意味があるが、今は全体を”タータンチェック”と呼ぶようになり、専門のブランド店では様々な製品が作られている。お土産には、マフラーやネクタイなどが人気だ。 (2015年編集部調べ)

スコットランドの気温・降水量ベストシーズン情報

スコットランドには日本と同じく四季があり、季節ごとの景観の美しさが楽しめる。旅のベストシーズンは天気が安定して、過ごしやすい6〜9月頃。ロンドンと比べるとエディンバラは年間を通して平均気温は1〜3度ほど低いので、重ね着できる服装がおすすめだ。 (2015年編集部調べ)

現地ガイド発!スコットランドの観光最新情報

  • スコットランドの人気ツアー

    スコットランド旅行・スコットランド観光徹底ガイド

    2件ヒットしました (1旅行会社 40.99〜42.99万円)
    • 1|
    人気度

    合算燃 40.99

    旅行代金: 40.99

    燃油燃:旅行代金に含まれています

    8日間

    関空発

    ホテル:
    ベスト・ウエスタン・カッスル・グリーン・ホテル・イン・ケンダル、エアー…
    航空会社:
    未定(日本発:午前)

    旅行会社/ブランド: ルックJTB

    人気度

    合算燃 42.99

    旅行代金: 42.99

    燃油燃:旅行代金に含まれています

    8日間

    関空発

    ホテル:
    ベスト・ウエスタン・カッスル・グリーン・ホテル・イン・ケンダル、エアー…
    航空会社:
    未定(日本発:午前)

    旅行会社/ブランド: ルックJTB

    2件ヒットしました (1旅行会社 40.99〜42.99万円)
    • 1|


    ソーシャルメディアアカウント

    • twitter

    • facebook


    page top