世界的に注目されているオーガニックとは何か。

そもそもオーガニックは“有機の”という意味で、現代では「農薬を使わない有機栽培で育てられた作物や、それを使った製品」のことを指します。ただし、その基準は国によって違っていて質も様々。ヨーロッパにはオーガニック認証機関があり、比較的厳しく判定されるようです。対して日本には作物以外のオーガニック製品に関する認証の基準や法律がなく、すべてメーカーやブランドにゆだねられています。

オーガニック志向の強い、イギリスのクッキーやビスケット オーガニック志向の強い、イギリスのクッキーやビスケット

お子さんもたべられるオーガニックのクッキー。

野菜や果物、化粧品、肌に触れる衣類やタオル類など、“オーガニック”の製品は欧米だけでなく日本でも人気です。その中でも注目したいのが“クッキー”や“ビスケット”。加工食品には製品の品質を保ち、おいしく感じさせるために添加物がたくさん使われます。けれど、小さなお子さんに食べさせることを視野に入れて、イギリスではオーガニックのクッキーやビスケットがよく出回っているのです。スコットランドのビスケットとしておなじみのブランド『ウォーカー』からは、通常版とは別にオーガニックシリーズが出ていますし、ロンドン発の『ヴァルカナイズ・カフェ』からも100%オーガニックのクッキーが発売されています。

チャールズ皇太子のブランドをご存知ですか?

プリンス・オブ・ウェールズことチャールズ皇太子がブランドを持っていることをご存知でしょうか? その名前は『DUCHY ORIGINALS(ダッチーオリジナル)』。質の高いオーガニックブランドの先駆者的存在として、1992年に創設されたブランドです。チャールズ皇太子は、英国の環境保護団体“ナショナル・トラスト”の総裁を務めるほど、自然への関心が高いようです。ダッチーオリジナルでは、チャールズ皇太子の農場で有機栽培された穀物を使って作られたオーガニッククッキー。そのクッキーひとつひとつに。皇太子の紋章が押されています。

甘さは控えめですが、素材が活かされていておいしい。

オーガニックのクッキーやビスケットは、いつも食べているものと比べるとかなり味が違います。甘さはひかえめですが、意外とバターはたっぷり入っていて濃厚な風味。余計なものが入っていないので、素材本来の甘みが楽しめるのもポイントです。旅の途中のティータイムに、お土産に、イギリスのオーガニッククッキーはいかがでしょうか?