page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

掲載日:2017/11/25

華麗なるロンドン「Victoria and Albert Museum」の超個人的おススメをご紹介!

ロンドンに住むようになってからずっと変わらず大好きな美術館「Victoria and Albert Museum」。地下を含めて全7フロアを擁するこの巨大な美術館には膨大な数の美術品が所蔵されていて、一日で全てを見て回るのはおそらく不可能でしょう。 彫刻、絵画、調度品、貴金属製品など多種多様な展示コレクションの中から今回は、訪問時にぜひ飛ばさずに覗いてもらいたい見どころ(だと個人的に思っているところ)をご紹介したいと思います!

カテゴリ:スポット エリア:ヨーロッパ  イギリス  ロンドン キーワード: 憧れ 美術館 博物館 カワイイ きれい デザイン 人気

キラキラした小箱たちに目が釘付け

キラキラした小箱たちに目が釘付け

まず最初におススメしたいのが、18世紀ごろにヨーロッパで製造された「snuffbox」のコレクションです。Snuffboxとは嗅ぎタバコ入れのことで、18世紀の上流社会ではスタイリッシュなオシャレ必需品として友人や恋人などへのギフトとして贈られました。どれも手のひらに収まるほどのコンパクトなケースで、一番目を惹く蓋の表面はもとより、箱側面にも美しい装飾が施されています。たくさんの宝石で彩られたきらびやかなものから、シンプルですっきりとしたデザインのものまで様々なスタイルのケースが見られますが、箱ごとにかつての持ち主たちの好みが反映されているのかもしれませんね。

イギリス栄華の歴史が垣間見える大コレクション

イギリス栄華の歴史が垣間見える大コレクション

さすがはイギリスにある美術館、1500年〜1760年と、1760年〜1900年の2つの年代に分けながらイギリスの歴史的美術品の展示に大きなスペースが割り当てられています。特に見逃せないのが1760年〜1900年のセクション。当時の高貴な階級の人々が使用していた家具や調度品などが多く並びます。例えばこちらの椅子、足とひじ掛けの部分が動物の形に装飾されていてなんともオシャレです。

豪華すぎるジュエリールームは必見です!

豪華すぎるジュエリールームは必見です!

Victoria and Albertと言えばここ!言っても過言ではないほどアイコニックな展示ルームです。部屋いっぱいに飾られたジュエリーの数々があまりに美しくて、初めて見たときの大きな衝撃と感動はいまでも忘れません。
2017年夏ごろまでは写真撮影が禁止されていたのですが、それから数か月後の10月に訪れた際にはなんと撮影が許可されていました!ネックレスやイヤリング、ティアラといった身に着けるジュエリーの他にも、懐中時計や小剣などのアイテムも展示されていて、どれも写真に収めたくなるものばかりです。

雰囲気溢れるシアター関連の展示エリア

雰囲気溢れるシアター関連の展示エリア

衣装や装飾品のコレクションにも力を入れている本美術館、ミュージカルとシアターのプロダクションに焦点を当てた「Theatre and Performance」のエリアもあります。実際にステージで使用されたコスチュームや小道具などが展示されているのに加え、舞台音楽がBGMとしてかかり照明も少し暗めに抑えられていて、部屋全体がとても雰囲気のある空間となっています。
ミニ・ドキュメンタリー映像の上映スペースもあったりと、普段は見ることができない演劇界の裏側を知るまたとないチャンスなので、ぜひこの美術館を訪れた際のチェックリストに加えてみてくださいね。

スポット情報

スポット情報

Victoria and Albert Museum
https://www.vam.ac.uk/

住所:Cromwell Road, London, SW7 2RL
最寄り駅:South Kensington
開館時間:10:00〜17:45(金曜:10:00〜22:00)
入館料:無料(特別展示は別途有料)

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/11/25)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて


キーワードで記事検索

検索