page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イギリス・ブライトン・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

海辺の町ブライトンの美味しいシーフード・レストラン、リドル&フィンズ


掲載日:2016/12/08 テーマ:グルメ 行き先: イギリス / ブライトン

タグ: おいしい グルメ 魚料理


ブライトンのリドル&フィンズ

レーンズにあるシーフード・レストラン、リドル&フィンズ レーンズにあるシーフード・レストラン、リドル&フィンズ

ロンドンから日帰りでも訪れることができる素敵な海辺の町ブライトン。海岸には1899年に完成したブライトン・ピア(桟橋)や、今年の夏から始まったブリティッシュ・エアウェイズ i360など見所がたくさんあります。そして必見は歴史あるThe Lanes(レーンズ)で、アンティーク、カフェやジュエリー店など可愛らしいお店が軒を連ねたエリア。道は狭くて入り組んでいる迷路のようで、漁師の町だった当時の様子が垣間みれるところでもあります。そんなレーンズにあるのが、シーフード・レストランのリドル&フィンズ。

シーフードならリドル&フィンズへ!

リドル&フィンズの店内はタイル張りで、カウンターのような高さのあるマーブル製のテーブルが並びます リドル&フィンズの店内はタイル張りで、カウンターのような高さのあるマーブル製のテーブルが並びます

ブライトンで、新鮮なシーフードを食べたいときにオススメなのがリドル&フィンズです。リドル&フィンズには、レーンズ店とビーチ店と2店舗あるのですが、レーンズ店では予約受付をしません。だから食べたいと思ったらいつでも行けるのが便利。ランチやディナーの時間は混雑気味ですが、少しだけ時間をずらせばまったく問題ありません。レーンズ店内はすべてマーブル製のカウンターのようなテーブルで、カジュアルな雰囲気のレストランです。

新鮮な魚を楽しめるメニュー

カニ、チリ&ルッコラのリングイーネはピリ辛で美味 カニ、チリ&ルッコラのリングイーネはピリ辛で美味

リドル&フィンズのオススメはもちろんシーフード。前菜、メインなどすべて魚料理、生牡蠣からフィッシュ・パイまでお任せです。獲れる魚も季節やその日によって変化するので、「今日のオススメ」は毎日黒板に書かれます。またキャビアが好きな人に挑戦して欲しいのが、イギリスのデヴォン州エクスムア産キャビア。コーンウォールの塩で味付けがされ、完全なるイギリス産の美味しいキャビアです。またリドル&フィンズでは12時から7時15分まで2コース、そして3コースのお得なセット・メニューもあるそうです。

シーフードに合ったワインもお任せ

フィッシュ・パイの上には調理加減が完璧なプリプリのエビとホタテ、付け合わせの野菜も美味 フィッシュ・パイの上には調理加減が完璧なプリプリのエビとホタテ、付け合わせの野菜も美味

リドル&フィンズのワイン・リストも充実しています。選りすぐったワインには、地元イギリスのサセックス州産のものも含まれています。近年のイギリスのワインは、ワイン大国に負けない美味しさなのでぜひお試しを!私の一押しは、地元のコート・ガーデンというワイナリーのスパークリング・ワインで、シーフードに合ったフルーティーでスッキリした味わいです。

関連情報

ドーヴァー・ソールなどの今日のオススメが書かれた黒板 ドーヴァー・ソールなどの今日のオススメが書かれた黒板

■ Riddle and Fins
住所:12b Meeting House Lane, Brighton BN1 1HB
電話:+44 (0)1273 721667
URL:http://www.riddleandfinns.co.uk
営業時間:日曜日〜金曜日 12pm〜10pm、土曜日 11:30am〜11pm
アクセス:ロンドンのLondon Bridge(ロンドン・ブリッジ)駅、St Pancras Intl(セント・パンクラス・インターナショナル)駅またはVictoria(ヴィクトリア)駅からブライトンまで約1時間〜1時間半。ブライトン駅から徒歩で11〜12分

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/12/08)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索