page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

好き? 嫌い? 評価真っ二つの「ハギス」はスコットランド伝統の味です!


掲載日:2016/11/02 テーマ:グルメ 行き先: イギリス / エジンバラ

タグ: おいしい グルメ バー・パブ 珍味 肉料理 名物


一目会ったその日から、ハギスに夢中な私

好き? 嫌い? 評価真っ二つの「ハギス」はスコットランド伝統の味です! 好き? 嫌い? 評価真っ二つの「ハギス」はスコットランド伝統の味です!

スコットランドの名物「ハギス」をご存知ですか? 好き嫌いがかなりはっきり分かれる料理です。酒好きの私はもちろん、ハギスが大好き! 初めてハギスを食べたのは東京のパブで、それ以来、ハギスを置いているパブでは必ず注文しています。スコットランドのホテルでは、スコティッシュ・フルブレックファストにハギスが載っていたので、驚いた覚えがあります。これほど酒肴に最適な料理を、朝食に出すとは、さすがスコッチウィスキーの本場……と感心しました。

寒いスコットランドではスタミナの源です

そもそもハギスとは何でしょう? 「羊の胃袋に羊の臓物などを詰めて蒸した(もしくは茹でた)料理」のことです。使われる臓物は、肝臓、心臓、肺、腎臓などです。これを細かく刻み、玉ねぎなどの野菜やオーツ麦と一緒に火を通す、素朴な食べ物ですが、見た目は素朴を通り越して、ややとっつきにくいかもしれません。ボロボロとして黒ずんだ肉のミンチといった感じです。しかし食べてみると、胡椒がピリッと効いて、香味野菜で臓物の臭みを消し、オーツ麦で歯触りを楽しむ、そしてお酒がどんどん進むというすてきな料理なんですよ。

ハギスを仕上げるのはテーブルで! 最後に振りかけるのは?

付け合わせはフライドポテトやグリーンピースなどがありますが、なんといってもゆるめのマッシュポテトが私のおすすめです。というのも、ハギスはボロボロして食べにくいので、マッシュポテトを少しずつ絡めると、お皿から取りやすいのです。そして、スコッチウィスキーをチャチャッと振りかけるのもおいしさの秘訣! この最後のひと振りで、さらに臭みが消えてまろやかに、食べやすくなります。ウィスキーが消化を助けるとも言われています(ただしお酒が苦手な人はやめましょうね)。万が一、パブで注文したハギスにスコッチウィスキーがついてこなかったら、「振りかけるためのウィスキーはある?」と尋ねてみましょう。「おぬし、わかってるな!」とばかりに、ちゃんと出してきてくれますよ。

ハギスを制するものはスコットランドを制す?!

さて、ここまで、ハギスを強烈にプッシュしてきましたが、実は私の酒好きな友達の間では、ハギスが好きと言う人は半分くらいです。あとの半分は、「まったく受け付けない」と言います。世界を旅していると、もっともっと、はるかに強烈な“ゲテモノ”に出会いますから、私にはゲテモノ系とも思えませんが、やはりクセがあることは確かですね。スコットランドの食の原点ともいえるハギス。ぜひチャレンジしてみてください。ちなみにお酒をまったく飲まない未成年の我が娘は、エディンバラのホテルで、朝食のハギスをパクパクとふつうに食べていましたよ(もちろんウィスキーは振りかけませんが)!

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/11/02)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索