古都エディンバラでフェスティバルシーズン最大の目玉とは?

スコットランドの首都エディンバラは、「8月の1ヶ月で1年分の稼ぎを出す」といわれています。年間を通して冷涼な気候のエディンバラで、8月はもっとも過ごしやすい季節ですし、なんといってもさまざまなフェスティバルが開催されるからです(他の季節では寒すぎて屋外イベントに適しません)。8月、エディンバラは世界中からの観光客が押し寄せます。中でも、フェスティバル最大の目玉といえば「ザ・ロイヤル・エディンバラ・ミリタリー・タトゥー」でしょう。お祭り月間の浮かれたムードでいっぱいの街をそぞろ歩いているだけでも楽しいですが、8月にエディンバラへ行くからには、この祭典をめざしてみましょう!

どのチケットがベスト? エディンバラ最大の祭典「ミリタリー・タトゥー2014」(その1) どのチケットがベスト? エディンバラ最大の祭典「ミリタリー・タトゥー2014」(その1)

1950年から一度も中止されたことのないお祭り

「ミリタリー・タトゥー」とは、1950年から続いている、伝統あるパフォーマンスです。町のシンボルであるエディンバラ城のエスプラナード広場で、伝統衣装のタータンチェックのキルトを着た軍楽隊がパレードをするものです。このイベントは年々進化しているようで、地元スコットランドの軍楽隊だけでなく、イギリス連邦諸国を中心に、世界各国から来たバンドやダンサーたちが踊りや演奏、歌を披露します。ちなみに「タトゥー」とは刺青のことではなく、「軍隊の帰営ラッパ」という意味だそうです。

チケットの予約はお早めに!

チケットの発売は、前年の12月からです。人気の高いイベントなので、日本の旅行会社も各社競って観覧チケット付きのツアーを組んでいます。そういうツアーに乗るのも一案ですが、もしも個人で行くつもりであれば、旅行が決まり次第、何を置いてもまずミリタリー・タトゥーのチケットを予約しましょう。「ホテルの予約より、航空券の予約より、先にミリタリー・タトゥーのチケットを取れ」という人もいるくらいですからね。しかし8月のエディンバラはホテルの予約もやっぱり混みますから、注意してください。個人手配なら、公式サイトからのインターネット予約が便利です(英文のみ)。(その2に続く)