世界遺産「グウィネズのエドワード1世王の城郭群(グウィネズ)」の詳細情報

イギリスの世界遺産・名所ガイド

Castles and Town Walls of King Edward in Gwynedd

グウィネズのエドワード1世王の城郭群

名称:グウィネズのエドワード1世王の城郭群(イギリス
英語名称:Castles and Town Walls of King Edward in Gwynedd
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1986年

イングランド王がウェールズ支配の目的で築いた城郭

イギリス西部のウェールズ地方にあるグウィネズ地区の城郭群は、13世紀後半にイングランドのエドワード1世によって建設された。グウィネズは、エドワード1世のウェールズ侵攻に頑強に抵抗した。そのため征服後は独立運動を警戒し、10もの城郭を建設した。環状に配置された城郭は、その形状から「アイアン・リング(鉄の輪)」と呼ばれている。世界遺産に登録されているのは、ボーマリス城、カーナーヴォン城、コンウィ城、ハーレフ城の四つ。設計したのは、13世紀を代表する築城家ジェームズ・オブ・セント・ジョージ。いずれも保存状態がよく、中世の城郭建築をよく知ることができる。特にハーレフ城とボーマリス城は傑作とされる

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!イギリスの世界遺産最新情報

2016/11/14 世界遺産

チャーチル元首相の生家、ブレナム宮殿に行ってみよう!

イギリス旅行イメージ-噴水が素敵なウォーター・テラスから望むブレナム宮殿 噴水が素敵なウォーター・テラスから望むブレナム宮殿

オックスフォード近郊にある町、ウッドストックにあるブレナム宮殿。宮殿とは言っても王族が居住していたわけではなく、スペイン継承戦争の一つであるブレンハイムの戦いで功績をあげた、ジョン・チャーチルを讃えたアン王女から贈呈されたものだそう。それ以後、ブレナム宮殿はチャーチル家の邸宅となり、第2次世界大戦中にイギリス首相だった、ウィンストン・チャーチル元首相の生家でもあります。ロマン主義建築の宮殿、そしてケイパビリティ・ブラウンが造った庭園などイギリスを代表する大邸宅として、1987年から世界遺産に登録されています。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


イギリスの世界遺産「グウィネズのエドワード1世王の城郭群」についてご紹介します。グウィネズのエドワード1世王の城郭群の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。