世界遺産「ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター・アビーとセント・マーガレット教会(ウェストミンスター宮殿)」の詳細情報

イギリスの世界遺産・名所ガイド

Westminster Palace Westminster Abbey and Saint Margaret's Churc

ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター・アビーとセント・マーガレット教会

名称:ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター・アビーとセント・マーガレット教会(イギリス
英語名称:Westminster Palace Westminster Abbey and Saint Margaret's Churc
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1987年

英国の政治、文化の歴史を象徴する建築物群

ロンドン中心部ウェストミンスター地区には、11世紀にエドワード王が建てたウェストミンスター宮殿、隣接するウェストミンスター・アビー、信者の礼拝場として修道士が設けたセント・マーガレット教会の3つの世界遺産がある。いずれもゴシック様式の傑作だ。同宮殿は1547年の寄進礼拝堂解散法で国会議事堂とされ、1834年の大火の後、1860年にゴシック・リバイバル様式で再建されて今の姿に。またウェストミンスター・アビーは、1066年のウィリアム1世の戴冠以来、歴代国王の誕生から埋葬までを担った神聖な場所である。他にも、多くの著名人が挙式をしたセント・マーガレット教会や高さ約96mの時計台「ビッグ・ベン」など、名所は尽きない。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!イギリスの世界遺産最新情報

2016/11/14 世界遺産

チャーチル元首相の生家、ブレナム宮殿に行ってみよう!

イギリス旅行イメージ-噴水が素敵なウォーター・テラスから望むブレナム宮殿 噴水が素敵なウォーター・テラスから望むブレナム宮殿

オックスフォード近郊にある町、ウッドストックにあるブレナム宮殿。宮殿とは言っても王族が居住していたわけではなく、スペイン継承戦争の一つであるブレンハイムの戦いで功績をあげた、ジョン・チャーチルを讃えたアン王女から贈呈されたものだそう。それ以後、ブレナム宮殿はチャーチル家の邸宅となり、第2次世界大戦中にイギリス首相だった、ウィンストン・チャーチル元首相の生家でもあります。ロマン主義建築の宮殿、そしてケイパビリティ・ブラウンが造った庭園などイギリスを代表する大邸宅として、1987年から世界遺産に登録されています。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


イギリスの世界遺産「ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター・アビーとセント・マーガレット教会」についてご紹介します。ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター・アビーとセント・マーガレット教会の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。