page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

イギリスの世界遺産・名所ガイド

Old and New Towns of Edinburgh

エディンバラの旧市街と新市街

名称:エディンバラの旧市街と新市街(イギリス
英語名称:Old and New Towns of Edinburgh
ジャンル:世界遺産/観光スポット
分類:文化遺産
登録年:1995年

スコットランドの盛衰を体現する都市

11世紀に建国したスコットランドは、1603年スコットランド王ジェームズ6世がイングランド王ジェームズ1世として即位したのち、1707年にグレートブリテン王国の一部となった。その後首都エディンバラでは人口が増え、居住地の不足から18世紀には人工湖を埋め立てて、それまでの旧市街と隣り合わせに新市街をつくった。現在の旧市街では、建物の新築が禁止されていて、古い街の醍醐味をじっくり楽しめる。一方新市街は、区画整理がされた美しい街並みが特徴で、特にシャーロット広場は都市における新古典派の傑作ともいわれ、計画された街の美しさを堪能できる。世界遺産に登録されたのは、この2つの街がある故。新旧いずれも魅力的な街なのだ。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

エディンバラに関する写真

現地ガイド発!イギリスの世界遺産最新情報

2019/12/04 世界遺産

化石ハンターを生んだ町ライム・リージスに行ってみよう!

イギリス旅行イメージ-ライム・リージスの防波堤コブ ライム・リージスの防波堤コブ

ドーセット州の特別自然美観地域に位置する海辺の町ライム・リージス。ライム・リージスは、ドーセット州からデボン州東部まで続く約153kmの海岸線、ジュラシック・コーストと呼ばれる世界遺産の一部でもあります。ジュラシック・コーストからは数々の化石が発見されたり迫力のある海岸線が見られるので、アウトドア派にもぴったりなエリアです。(以前のジュラシック・コーストに関する記事はhttps://www.ab-road.net/europe/uk/london/guide/04948.html)続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


イギリスの世界遺産「エディンバラの旧市街と新市街」についてご紹介します。エディンバラの旧市街と新市街の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。