世界遺産「オークニー諸島の新石器時代遺跡中心地(オークニー諸島)」の詳細情報

イギリスの世界遺産・名所ガイド

Heart of Neolithic Orkney

オークニー諸島の新石器時代遺跡中心地

名称:オークニー諸島の新石器時代遺跡中心地(イギリス
英語名称:Heart of Neolithic Orkney
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1999年

新石器時代の遺跡の宝庫

スコットランド北端より約15q沖に位置するオークニー諸島は、新石器時代の遺跡が数多く残る。最大の島メインランドの遺跡は、約5000年前から高度な文明社会が築かれていたことを示す。メインランド西部の内陸にあるメイズ・ホウはお椀形の墳墓で、紀元前2700年ごろのものであるが、誰を埋葬しているかは不明。その近郊にある2つのストーン・サークルのうち、リング・オブ・ブロッカーは紀元前2500〜前2000年のもの。もう1つのストーンズ・オブ・ステネスは紀元前3100年ごろのものとみられ、イギリス最古の巨大遺跡の一つ。イギリス最古の村スカラ・ブラエの石造りの住居群は、紀元前3100〜前2600年のもの。中央の暖炉に石造りのベッド、飾り棚、さらに排水設備もあり、砂に守られ良好な状態で維持されていた。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!イギリスの世界遺産最新情報

2016/11/14 世界遺産

チャーチル元首相の生家、ブレナム宮殿に行ってみよう!

イギリス旅行イメージ-噴水が素敵なウォーター・テラスから望むブレナム宮殿 噴水が素敵なウォーター・テラスから望むブレナム宮殿

オックスフォード近郊にある町、ウッドストックにあるブレナム宮殿。宮殿とは言っても王族が居住していたわけではなく、スペイン継承戦争の一つであるブレンハイムの戦いで功績をあげた、ジョン・チャーチルを讃えたアン王女から贈呈されたものだそう。それ以後、ブレナム宮殿はチャーチル家の邸宅となり、第2次世界大戦中にイギリス首相だった、ウィンストン・チャーチル元首相の生家でもあります。ロマン主義建築の宮殿、そしてケイパビリティ・ブラウンが造った庭園などイギリスを代表する大邸宅として、1987年から世界遺産に登録されています。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


イギリスの世界遺産「オークニー諸島の新石器時代遺跡中心地」についてご紹介します。オークニー諸島の新石器時代遺跡中心地の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。