世界遺産「ローマ帝国の境界線(ローマ帝国の境界線)」の詳細情報

イギリスの世界遺産・名所ガイド

Frontiers of the Roman Empire

ローマ帝国の境界線

名称:ローマ帝国の境界線(イギリス
英語名称:Frontiers of the Roman Empire
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1987・2005・2008年

ハドリアヌス帝がピクト人からの防備のために建設

ローマ帝国の境界線は、イギリスとドイツの両国にまたがり分布する。1987年に登録、2005年、2008年に登録内容が変更された。ハドリアヌス帝が2世紀前半、ケルト民族系のピクト人など北方民族の襲撃に備え、グレートブリテン島北部に築いた防壁「ハドリアヌスの長城」(60km)を1987年、世界遺産に登録。ドミティアヌス帝が、ゲルマン民族の襲撃に備えて築いたドイツの長城「リーメス」(550km)を2005年に拡大登録。さらにハドリアヌス帝の後を継いだ、アントニヌス・ピウス帝が築いた長城(120km)も、2008年に拡大登録した。これらの遺跡群には、900近い見張り塔、60の要塞、保塁、要壁、堀割りなども含まれている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!イギリスの世界遺産最新情報

2016/11/14 世界遺産

チャーチル元首相の生家、ブレナム宮殿に行ってみよう!

イギリス旅行イメージ-噴水が素敵なウォーター・テラスから望むブレナム宮殿 噴水が素敵なウォーター・テラスから望むブレナム宮殿

オックスフォード近郊にある町、ウッドストックにあるブレナム宮殿。宮殿とは言っても王族が居住していたわけではなく、スペイン継承戦争の一つであるブレンハイムの戦いで功績をあげた、ジョン・チャーチルを讃えたアン王女から贈呈されたものだそう。それ以後、ブレナム宮殿はチャーチル家の邸宅となり、第2次世界大戦中にイギリス首相だった、ウィンストン・チャーチル元首相の生家でもあります。ロマン主義建築の宮殿、そしてケイパビリティ・ブラウンが造った庭園などイギリスを代表する大邸宅として、1987年から世界遺産に登録されています。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


イギリスの世界遺産「ローマ帝国の境界線」についてご紹介します。ローマ帝国の境界線の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。