page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

クラシック音楽好きなら一度は行きたい! イギリスのオールドバラ音楽祭(前編)


掲載日:2016/10/26 テーマ:祭り・イベント 行き先: イギリス / イプスウィッチ

タグ: たのしい イベント 一度は行きたい 音楽


20世紀イギリスの大作曲家ベンジャミン・ブリテン

音楽祭の中心となるのどかな港町オールドバラ 音楽祭の中心となるのどかな港町オールドバラ

みなさんは「イギリスのクラシック音楽作曲家」と聞いて誰を思い浮かべますか? 「威風堂々」や「愛の挨拶」でおなじみのエルガー? それとも「木星」で有名なホルストでしょうか? よく知っている方ならヴォーン・ウィリアムズの名前なんかも挙げたくなるかもしれませんね。彼らはもちろん国民的な作曲家ですが、本格的なクラシック音楽愛好家が最初に考えるのは、ベンジャミン・ブリテン(1913〜1976)だと思います。ブリテンは、イギリスでそれまで数が少なかったオペラの分野で多くの傑作を生み出し、さらには伝統的なイギリスの音楽観を世界に広めるような作品を打ち出しました。それらの功績を讃えて20世紀の大作曲家のひとりと考えられており、音楽家として初めて「ロード(バロン)」の称号を授与されています。そんなブリテンが1948年に創設し、今もなお続いているイギリスの伝統的な音楽祭が、今回ご紹介する「オールドバラ音楽祭」です。

フィッシュ&チップスが美味しいのどかな港町オールドバラ

ロンドンから北東に130kmほど、サフォーク州にある北海に面したオールドバラは、人口3000人にも満たない小さな港町です。別荘地としても人気があり、名物のフィッシュ&チップスとビールを提供するパブが町のあちこちにあります。ブリテンは後半生をオールドバラで過ごしており、この地で他界しています。また、生涯のパートナーであったテノール歌手ピーター・ピアーズと、オールドバラ音楽祭を支えたイモージェン・ホルスト(上記ホルストの娘)ととにも、町内の聖ペテロ聖パウロ教会(パリッシュ教会)にお墓が立てられています。

毎年6月に開催されるオールドバラ音楽祭

そんなオールドバラで毎年6月中旬ごろ、約2週間にわたって音楽祭が開催されます。音楽祭はブリテンの作品を取り上げるだけでなく、新作委嘱作品の初演や、再演される機会が少ない20世紀作品の発掘・紹介などを積極的に行っています。また、若手音楽家のためのプログラムも用意されており、マスタークラス(公開レッスン)も行われます。内容的には愛好家向けのかなり高度なものになりますが、クオリティは最高クラス。例えば、小澤征爾が監督を務めている有名な「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」に行かれたことがある方などには絶対におすすめの音楽祭です。後編では、実際にオールドバラ音楽祭でコンサートを聴くまでの手順をご紹介します。(後編に続く)

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/10/26)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索