リバプールグルメ・料理ガイド

リバプールグルメガイド

リバプールのグルメ・伝統料理

古くから貿易港として発展してきた歴史もあり、リバプールではイギリス料理はもちろん、各国料理の店が豊富で選択肢も多い。特にヨーロッパで最も古い中国人のコミュニティの拠点であったため、リバプールの中華街は国内でも有名。港町だけあり、地元産のシーフードを使った料理はグルメも満足できるだろう。旅行中、フィッシュ&チップスなど油を使った食事に飽きてきたら、リバプールの郷土料理スカウスがおすすめ。さらっとしたビーフシチューのような優しい味でほっとできる。(2015年編集部調べ)


リバプールのレストラン・屋台

観光地だけあり、レストランやパブ、カフェの数は多く、食事をする場所には困らない。レストランはライムストリート駅の南側、中華をはじめエスニック料理はアルバート・ドックとリバプール大聖堂の間のエリア、またマシューストリートやビクトリアストリート周辺のパブは週末にもなれば一層にぎわいをみせる。旅行者にとって一番重宝なのはやはりパブだろう。郷土料理はもちろん、一日中気軽に食事ができ、一皿だけの注文もできるのでお腹の空き具合にあわせて利用できる。

リバプールの水・お酒

水道水は飲用にも料理にも使えるが、石灰を多く含んだ硬水なので、ミネラルウォーターを買う方が安心。キオスクやスーパーマーケットなどで買える。イギリスでは普通カフェやティールームではアルコール類を出さないので、お酒を飲みたい時はパブやレストランを利用する。パブでビールを注文する場合の単位はパイント(Pint)制で1パイントが約0.57リットル。半量でも注文できる。ビター、ラガーとイギリス特有のエールも人気。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


リバプールグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるリバプールの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
リバプールのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!