海港商業都市リバプールのアルバート・ドックへ、ビートルズに会いにいこう!

イギリス・リバプール・歴史の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

海港商業都市リバプールのアルバート・ドックへ、ビートルズに会いにいこう!

掲載日:2008/11/19 テーマ:歴史 行き先: イギリス / リバプール ライター:ディキンソン恵子

タグ: すごい! 音楽 世界遺産 博物館



ABガイド:ディキンソン恵子

【イギリスのABガイド】 ディキンソン恵子
全ガイドを見る
1994年よりロンドン在住。日系リサーチ会社、英系出版社を経て、家具作りコースや食品衛生コース終了。D.I.Y.が得意。ロンドンやイギリス生活情報をブログ「下町ロンドン日記 * My Japlish life in London」やメルマガ「ありのまま…主婦の下町ロンドン」から発信中。

リバプールのウォーターフロントを対岸から望む リバプールのウォーターフロントを対岸から望む

リバプール繁栄の歴史

ビートルズの出身地として有名なリバプール。17世紀末頃からアメリカや西インド諸島との貿易で町は繁栄し始めました。でも18世紀からリバプールが大きく繁栄した背景には、奴隷貿易があるのです。なんと1760年にはイギリス国内最大級の奴隷貿易港に発展したとか。そんな負の財産を持つ、リバプールのウォーターフロントが世界遺産に登録されたのは2004年。世界遺産になっているエリアは、アルバート・ドック、ピア・ヘッド、キャッスル・ストリート、ウィリアム・ブラウン・ストリート、デューク・ストリートとスタンリー・ドックです。

 

アルバート・ドックにはグレード1に指定されている歴史的に重要な建築物が集まっているので、再開発も細心の注意をはらって行なわれました アルバート・ドックにはグレード1に指定されている歴史的に重要な建築物が集まっているので、再開発も細心の注意をはらって行なわれました

アルバート・ドック

Albert Dock(アルバート・ドック)は1846年にオープンした、世界初の不可燃性の倉庫システムで、鋳鉄、レンガと花コウ岩で建設されています。ドックは船の修復や係船、荷役作業のために築造された施設で、1848年には世界初の水圧を利用した貨物用昇降機が取り付けられました。リバプールの繁栄とともに活躍したアルバート・ドックも1920年代からは鉄道や道路のために商業船は激減し、主に倉庫として使われるのみに。戦後もますます衰退していったドックは、1980年代からの資本投資によって素晴らしいエンターテイメントの中心地へと甦ったのです。

 

マーシーサイド海事博物館の入り口。国際奴隷博物館はこの3階で両館とも入館無料です マーシーサイド海事博物館の入り口。国際奴隷博物館はこの3階で両館とも入館無料です

アルバート・ドックのアトラクション

アルバート・ドックには、レストラン、カフェ、雑貨店、土産物店などだけでなく、現代美術館のテート・リバプール、マーシーサイド海事博物館、国際奴隷博物館やビートルズ・ストーリーなども集まっています。歴史的にも重圧感のあるこのドックの建築の中で、素晴らしい美術やカルチャーを楽しむことができるのです。特にオススメは国際奴隷博物館で、このリバプールが繁栄した背景にある、奴隷貿易の負の歴史にも目を向けていただきたいと思います。

 

ビートルズ・ストーリーには実物大に再現されたキャヴァーン・クラブも! ビートルズ・ストーリーには実物大に再現されたキャヴァーン・クラブも!

リバプールに来たら、ビートルズ!

リバプールといえばビートルズ、というほど世界的にも有名なバンド。このアルバート・ドックにはビートルズ・ストーリーというアトラクションも入っています。ビートルズ・ストーリーはビートルズのファンには必須! ビートルズのメンバーが知り合った初期から後半までの物語を、オーディオ・ツアー(日本語あり)で聞くことができます。ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人の存在が、間近に感じられること間違いなし!

 

リバプールの街の中でビートルズ入りのバスを見かけることも! リバプールの街の中でビートルズ入りのバスを見かけることも!

【関連情報】

■ Albert Dock Company Ltd.
住所:22 Edward Pavilion, Albert Dock, Liverpool L3 4AF
電話:+44 (0) 151 708 7334
URL:http://www.albertdock.com
アクセス:Liverpool Lime Street(リバプール・ライム・ストリート)駅から徒歩約20分

■ Beatles Story
URL:http://www.beatlesstory.com
電話:+44 (0) 151 709 1963
入場料:大人£12.50、子供(5〜16歳)£6.50、シニア・学生£8.50

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/11/19)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

最安値リバプールツアー


最安料金万円

合算 目安 7.90万円8.40万円
旅行代金: 7.908.40万円
燃油目安: 0.00万円
5日間
成田発

日程表を見る

※エミレーツ航空で、ドバイ空港経由で、マンチェスター行きです。※マンチャスター空港からリバプール行きのシャトルバスが、運航しています。(チケットの購入法などは、お申し込み後にご案内します)※リバプ…

旅行会社/ブランド:サンワールドツアーズヨーロッパ

合算 目安 8.30万円8.80万円
旅行代金: 8.308.80万円
燃油目安: 0.00万円
6日間
成田発

日程表を見る

※エミレーツ航空で、ドバイ空港経由で、マンチェスター行きです。※マンチャスター空港からリバプール行きのシャトルバスが、運航しています。(チケットの購入法などは、お申し込み後にご案内します)※リバプ…

旅行会社/ブランド:サンワールドツアーズヨーロッパ

合算 目安 8.80万円9.30万円
旅行代金: 8.809.30万円
燃油目安: 0.00万円
7日間
成田発

日程表を見る

※エミレーツ航空で、ドバイ空港経由で、マンチェスター行きです。※マンチャスター空港からリバプール行きのシャトルバスが、運航しています。(チケットの購入法などは、お申し込み後にご案内します)※リバプ…

旅行会社/ブランド:サンワールドツアーズヨーロッパ

合算 目安 9.20万円10.20万円
旅行代金: 9.2010.20万円
燃油目安: 0.00万円
8日間
成田発

日程表を見る

※エミレーツ航空で、ドバイ空港経由で、マンチェスター行きです。※マンチャスター空港からリバプール行きのシャトルバスが、運航しています。(チケットの購入法などは、お申し込み後にご案内します)※リバプ…

旅行会社/ブランド:サンワールドツアーズヨーロッパ

合算 目安 10.30万円10.80万円
旅行代金: 10.3010.80万円
燃油目安: 0.00万円
5日間
成田発

日程表を見る

◆マンチャスター市内からリバプールまでの往復、鉄道の列車料金(2等車利用)は、含まれています。◆ホテルのお部屋は、ツイン、または、ダブルのお部屋になります。◆朝食付きプランです。◆宿泊地の変更は、…

旅行会社/ブランド:サンワールドツアーズヨーロッパ

合算 目安 10.70万円11.00万円
旅行代金: 9.9010.20万円
燃油目安: 0.80万円
8日間
成田発

リバプール ツアー

♪マンチェスターとリバプール♪とスコットランド・エジンバラ 3都市周遊☆最優秀エアライン・エティハド航空利用

ホテル:ペンデュラム・ホテル(マンチェスター)、…
航空会社:エティハド航空 指定

日程表を見る

●ビートルズシティ・世界遺産のリバプール2連泊●歴史的建造物が集まる世界遺産エジンバラ2連泊●エジンバラよりネス湖やウィスキー蒸留所ツアーも●延泊、減泊、ホテルグレードUP、航空会社変更、ビジネス…

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆


 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事