今も人気が衰えることのないビートルズ

2014年で日本でのデビューから50周年を迎えるザ・ビートルズ。昨年はポール・マッカートニーが単独で来日公演を行い、その健在ぶりが話題になったばかりですね。誰でもビートルズと聞けば、名曲の数々が自然と口ずさめる、まさに伝説のバンドです。当時のファンだけでなく、常に新しい世代にもファンを増やし続けながら今も人気が衰えることがないのは本当にすごい事ですね。そんな彼らの母国イギリスにはゆかりの場所がたくさんあります。そんなメモリアルスポットを訪ねてみる旅をしてみませんか?

伝説のバンド、ザ・ビートルズゆかりの地を訪ねる旅 その1 伝説のバンド、ザ・ビートルズゆかりの地を訪ねる旅 その1

ビートルズファンの聖地といえば

ビートルズファンなら一度は訪れてみたいと思うのが、彼ら4人が生まれ育った故郷の街、リバプールでしょう。アイリッシュ海に面したリバプールは、古くから貿易港として栄えてきた歴史のある町。ユネスコ世界遺産地区にも登録され、歴史的建造物や劇場、博物館があり、サッカー好きの方ならお馴染みのリバプールFCのホームタウンでもあります。しかし今やこの街を最も有名にしているのはビートルズの存在かもしれません。実際、熱心なビートルズファンが一年中絶えることはありません。そんな観光客のためのビートルズ専門のツアーがあります。

メモリアルスポットを巡るバスツアーも人気

リバプールでは、その名も「マジカル・ミステリー・ツアー」が催行されています。レインボーカラーのロゴ入りバスが目印。ガイドは英語のみですが、メンバーの生家、若かりし頃の4人がライヴをしていたクラブ「キャバーン」や歌の中にも登場する「ペニー・レイン」「ストロベリー・フィールド」など、有名スポットを効率よく回れるのでおすすめです。ただし、スケジュールが決まっており、なかにはバスの中から見学するスポットもあるので、じっくり見学したい人は、個人で巡る方がいいかもしれません。