page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イギリス・ロンドン・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

バラ・マーケットでイギリスの食材マーケットを楽しもう!


掲載日:2007/10/23 テーマ:グルメ 行き先: イギリス / ロンドン

タグ: グルメ 市場


Borough Market(バラ・マーケット)って?

バラ・マーケットは「London's Larder(ロンドンの食料貯蔵室)」と呼ばれるほどです バラ・マーケットは「London's Larder(ロンドンの食料貯蔵室)」と呼ばれるほどです

バラ・マーケットの歴史は長く、ローマ帝国が最初のロンドン橋を造った頃には、もう初期のマーケットが存在したと言われています。そしてSouthwark Cathedral(サザーク大聖堂)のすぐお隣にマーケットが場所を移ってからは、250年が経っているのです。もちろん鉄道ができる前からバラ・マーケットは存在していたわけで、このロンドン・ブリッジ駅のすぐ隣という立地条件の良さは、バラ・マーケットがあったから駅ができたのでは、と疑うほど。現在も「ロンドンの食料貯蔵室」と呼ばれるほどの食材マーケットとして、いつも溢れんばかりの買い物客で賑わっています。

迷路のようなマーケット

肉、野菜、果物、シーフード、チーズ、パンなど、何から何まで新鮮な食料品が揃うマーケット 肉、野菜、果物、シーフード、チーズ、パンなど、何から何まで新鮮な食料品が揃うマーケット

マーケットは4つのエリアからできています。Crown Square(クラウン・スクウェア)、The Green Market(グリーン・マーケット)、The Jubilee Market(ジュビリー・マーケット)、そしてマーケットの周りに存在するお店やレストラン。そのすべてが見所なのでマーケットに出かけたら隅から隅まで見逃さないようにしましょう。チーズを扱っている店だけでも9軒。全部のお店やレストランをあわせたら、なんと100軒以上の食品店が、バラ・マーケットにひしめき合っているのです。

お昼はどうしよう!?

シカ肉のバーガーはいかが?ブランチ、ランチなんでもござれ。食事もマーケット内で十分賄えてしまうほど シカ肉のバーガーはいかが?ブランチ、ランチなんでもござれ。食事もマーケット内で十分賄えてしまうほど

もうとにかくどこもかしこも食べ物だらけ。足のむくまま、気のむくままでいろいろなものを味見しながら、お腹もいっぱいになっていってしまうかも。バラ・マーケットには、ロンドンでも有名なシーフード・レストラン「Fish!」もあります。このガラス張りのレストランで、周りの雑踏を脇目に見ながら優雅に食事するのもいいですね。その他にもサンドイッチを売るお店、フィッシュ&チップス、Venison(シカ肉)のバーガーを売るお店など選択肢はたくさんあります。

五感を使ってマーケットを散策しよう!

食事の後はもちろんデザート…農場直送の有機コーニッシュ・アイスクリーム 食事の後はもちろんデザート…農場直送の有機コーニッシュ・アイスクリーム

どこの国を旅しても、マーケットを覗いてみるとその国の生活が見えてきますよね。この食材マーケット、バラ・マーケットも例外ではありません。味覚、視覚、嗅覚、触覚、聴覚の五感をフルに使って散策してみて下さい。きっとロンドンの素敵な一面を垣間みることができると思います。何か質問があればお店の人に聞いてみたら親切に教えてくれますよ。この活気溢れるマーケットにマイバッグを持って出かけてみましょう!

【関連情報】

■Borough Market(バラ・マーケット)
住所:8 Southwark Street, London SE1 1TL
アクセス:London Bridge 駅から徒歩1-2分、Southwark Cathedralのすぐ横。
URL:http://www.boroughmarket.org.uk
マーケット:木曜日(11時〜17時)、金曜日(12時〜18時)、土曜日(9時〜16時)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/10/23)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索