page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イギリス・ロンドン・サッカー観戦の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

チェルシー、アーセナルと並ぶ伝統クラブ・トッテナムをナマ観戦!


掲載日:2007/11/22 テーマ:サッカー観戦 行き先: イギリス / ロンドン

タグ: サッカー スタジアム


今回はスパーズ戦の最新情報をお届け!

「Seven Sisters」からは149番に乗るか徒歩でスタジアムへ 「Seven Sisters」からは149番に乗るか徒歩でスタジアムへ

フットボールの聖地・ウェンブリーに、テムズ川に程近いオシャレなエリアにあるチェルシーとフラムを紹介したイングランド編。次はロンドン北部に目を向けたい。
このエリアには、かつて名古屋グランパスを率いた知将・ベンゲル監督が率いるアーセナルと、名門ながら今季は序盤から成績不振に悩むトッテナム・ホットスパーの2クラブがある。彼らの直接対決は「ノースロンドンダービー」といわれ、イングランド3大ダービーマッチに数えられている。
そんな両者だが、先にトッテナムを取り上げる。というのも、実はこの原稿を書く直前の11月11日に、私自身が何年かぶりにスパーズ(トッテナムの愛称)のホームゲームをナマ観戦してきたからだ。今回は彼らの本拠地・ホワイトハートレーンで入手したばかりの最新情報をお届けできるのである。

ウィガン戦でラモス監督就任後ホーム初勝利

ホワイトハートレーンの外観 ホワイトハートレーンの外観

まずはトッテナムの簡単な紹介から。クラブ創立は1882年と古い。歴史と伝統ではアーセナル、チェルシーと並ぶビッグクラブといえる。が、例年、戦力的には充実しているのに、どこか詰めが甘く、4強(アーセナル、チェルシー、リバプール、マンチェスター・ユナイテッド)の後塵を拝し続ける。それがこのチームの特徴かもしれない。今季に至っては開幕から全く歯車が噛み合わず、チャンピオンシップ(2部に相当)降格ゾーンの18位以下に沈んでいた時期もある。結果的に足掛け4年間采配を振るったマルティン・ヨル監督が解任され、10月末からセビージャの指揮を執っていたファンデ・ラモス監督が新たに就任した。私が足を運んだ11日のヴィガン・アスレチック戦は新体制発足後、初のホーム戦ということで注目を集めたが、4−0で圧勝。やきもきしていたファンを久しぶりに喜ばせる結果となった。

チケットはまず公式HPから。プレミアリーグはダフ屋での購入がますます困難に

チケット引き換え窓口。キックオフ30分前でも混雑していなかった チケット引き換え窓口。キックオフ30分前でも混雑していなかった

この試合を見るために、まずは公式HP(http://www.tottenhamhotspur.com/tickets/ticketinfo_prices.html)からチケットを購入した。アーセナル戦など強豪相手のゲームは、優先購入権を持つクラブカード保有者だけであっという間に完売してしまうのだが、ウィガンが下位を低迷中とあって今回は余りが出たのだろう。メインスタンド2階席・39ポンドの席を1週間前でも買うことができた。決済書類をスタジアムの窓口に持っていけば簡単にチケットに変えてくれる。これはなかなか便利なシステムだった。
プレミアリーグの場合、ダフ屋からのチケット入手は数年前に比べると非常に難しくなっていることも判明した。スパーズ戦翌日にレディング対アーセナル戦をのぞきに行ったのだが、どこを見回してもダフ屋がいない。イタリアなどでは向こうから売りに来るのに、レディングでは皆無。前売券を買おうにも、資格があるのはクラブカード保有者のみだから、一見さんはまるでノーチャンスなのだ。とはいえ、スパーズ戦のように対戦カードやタイミング次第では買える場合もある。破格の値段設定がなされているチケットブローカーから入手する方法もあるが、まずは地道に公式HPを当たるところから始めるべき。その重要性を改めて実感した。

最寄り駅からは散歩がてらにスタジアムへ

なぜか真ん中の柱が邪魔だが、見やすいスタジアムだ なぜか真ん中の柱が邪魔だが、見やすいスタジアムだ

スパーズに話を戻そう。11日は地下鉄・ビクトリアラインを利用した。週末のロンドン地下鉄は工事運休が多く、普段よりかなり時間がかかることがあるという(初乗り4ポンドも取るのに、考えられないほどサービスが悪いのだ!)。そのあたりにも注意を払う必要がある。最寄駅「Seven Sisters」からは149番のバスに乗ればいいが、20分ほどかけて歩いていった。雨が降っていなければ、本当にいい散歩の距離である。夜になると物騒なアラブ系移民の多い街だが、15時キックオフの試合なら1人歩きも問題ない。
キックオフ1時間前のホワイトハートレーン周辺はかなりの人でごった返していた。特に混雑していたのが「Spurs Shop」。グッズを売るショップである。入場制限が設けられ、中に入るまでにはかなり時間がかかる。お店をゆっくり見たい人はできるだけ早めにスタジアムへ行くべきだ。

応援のバリエーションも豊富。周囲の人に溶け込んで自分もエンジョイしちゃおう!

隣に陣取っていた熱狂的なサポーターたち 隣に陣取っていた熱狂的なサポーターたち

私が座ったメインスタンド側は、中央に2本の柱が立っていて、ピッチを見る際に邪魔になってしまう。その問題を除けば、何もかもが非常に見やすい。周囲の熱狂的なサポーターたちも冗談交じりに相手やレフリーを挑発するなど、アットホームな雰囲気だった。イングランドの観客はマナーがいい。いいプレーには敵味方関係なく必ず拍手を送る。ゴールシーンではみな総立ちになって手を叩く。その回数が多くて、両手が痛くなったほどだ。応援歌や掛け声のバリエーションも豊富。全てが聞き取れればもっと楽しいだろう。隣の人に歌詞を書いてもらったりしながらコミュニケーションを図れば、観戦はより楽しくなるだろう。私もゴールシーンのたびに隣のお兄さんと肩を組み、ちょっとした会話もした。そんな交流こそ観客席での楽しみだ。普段は記者席に座ることが多いだけに、今回は原点に返った気がした。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/11/22)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索