page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イギリス・ロンドン・美術館・博物館の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

コーンウォール海洋博物館で、どっぷりボート漬けになろう!


掲載日:2008/06/18 テーマ:美術館・博物館 行き先: イギリス / ロンドン

タグ: 博物館


ホリデー先として人気のコーンウォール州

1992年にオープンした博物館は、海洋博物館に相応しく海のすぐ側! 1992年にオープンした博物館は、海洋博物館に相応しく海のすぐ側!

コーンウォール州はイギリス人のホリデー先としてとっても人気のある地方。イギリスの南西端にある州で、ロンドンのパディントン駅から約5〜6時間。車だとロンドンから約6〜7時間かかります。コーンウォール州は素敵な海辺の景色と澄みきった光線のため、昔からアートが盛んで、たくさんのアーティストの住む地域としても有名です。Falmouth(ファルマス)はコーンウォール州にあるファル河口にある町で、州都であるTruro(トゥルロ)からもそう遠くはありません。そのファルマスに、2007年度コーンウォール・アトラクションに輝いた、コーンウォール海洋博物館があるのです。

コーンウォール海洋博物館

ボート好きにはたまらない!フローティラに展示されるボートの数々 ボート好きにはたまらない!フローティラに展示されるボートの数々

コーンウォール海洋博物館の中でも、見所は中央にあるフローティラ。ここには数々のボートが展示されています。その中には1620年にデザインされたという、世界初の木製の潜水艦も。地下にあるタイダル・ゾーンでは、潮の満ち引きとともにファルマス港の海の中を覗くこともできるのです! まるで、水族館にいるよう。魚などが目の前を横切って、スイスイと泳いでいるのを眺めているだけで癒されてきます。タイダル・ゾーンの上を登っていくと、ルック・アウト・タワーへ。ここからのファルマス港や入り江の眺めは素敵です。

ウォーターサイド・カフェ

海洋博物館内にあるウォーターサイド・カフェでは、スナックやドリンクの他にファルマス港の素晴らしい景色も! 毎週日曜日には、イギリスの伝統的な食事であるサンデー・ランチ(£8.95)も味わうことが出来ます。サンデー・ランチを予約すると、入館料は無料になるので、食事をしてからゆっくり博物館の見学を楽しめます。

ヨットでクルーズも!?

海洋博物館には、はしけもついているのです! 海洋博物館には、はしけもついているのです!

夏の間には博物館のはしけから、24フィートヨット「ソフトウィング」で約1時間半(£20)のクルーズも楽しめます。5月、6月と9月は毎週土曜日、7月と8月の間は水曜日と木曜日にクルーズがあるそうです。そして博物館の中のミュージアム・ショップの店内はシーサイドのテーマで統一されています。 ボートの模型から、魚などの石鹸、貝殻で作られた小物、ジュエリーなど、素敵なものがいっぱい。しかもその多くは、地元コーンウォール州のアーティストによるものです。

【関連情報】

とても興味深い初期のダイビングスーツの展示 とても興味深い初期のダイビングスーツの展示

■ National Maritime Museum Cornwall
住所:Discovery Quay, Falmouth, Cornwall TR11 3QY
アクセス:ロンドン(パディントン駅)からファルマス・ドックス駅間で電車で約5時間、駅から徒歩約10〜15分
電話番号:+44 (0) 1326 313388
URL:http://www.nmmc.co.uk
開館時間: 10am〜5pm
閉館日:12月25日、26日
入館料金(1年間有効):大人£7.95、子供£5.25(6歳〜15歳)、シニア£6.25、家族£21、5歳以下は無料
ウォーターフロント・カフェでのサンデー・ランチの予約は、+44 (0) 1326 214554まで
「ソフトウィング」でのクルーズ予約は+44 (0) 1326 214550まで。クルーズは12pmと3pmに出発、定員6人、14歳以上のみ。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/06/18)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索