page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イギリス・ロンドン・世界遺産の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

産業革命の発祥の地、アイアンブリッジ峡谷で世界初の鉄橋を体験!


掲載日:2008/12/03 テーマ:世界遺産 行き先: イギリス / ロンドン

タグ: おいしい すごい! グルメ 世界遺産


産業革命の発祥地、アイアンブリッジ峡谷

世界初の鉄橋で産業革命のシンボル、アイアンブリッジ 世界初の鉄橋で産業革命のシンボル、アイアンブリッジ

ロンドンから電車で約3時間、テルフォードの近郊を流れるセヴァーン川。その川にかかるコールブルックデール橋は、産業革命の象徴です。コールブルックデール橋は通称アイアンブリッジと呼ばれる、1779年に建設された全長60メートルの世界初の鉄橋。そしてその周辺のセヴァーン峡谷は、アイアンブリッジにちなんでアイアンブリッジ峡谷と呼ばれています。アイアンブリッジ峡谷の一帯は、1986年には世界遺産に登録された文化遺産でもあり、いろいろな博物館やアトラクションが集まっています。

アイアンブリッジ

現在アイアンブリッジの通行料は無料! 現在アイアンブリッジの通行料は無料!

アイアンブリッジの設計は建築家トーマス・プリチャード、橋の施行は製鉄業者エイブラハム・ダービーによって行なわれました。建設された当時のアイアンブリッジは、対岸へ鉄や石炭などの資材を輸送するため、馬車や家畜などにも使われていたのですが、現在では歩行者のみが橋を渡ることが出来ます。1950年までは橋を渡るためには通行料を支払わなければならなかったのです。通行料徴収所の料金表には「王室も支払うべし」との注意書きが。

アイアンブリッジ峡谷に集まる博物館

アイアンブリッジと通行料徴収所の見学は無料。そしてアイアンブリッジの周辺には見どころがいっぱい! アイアンブリッジと通行料徴収所の見学は無料。そしてアイアンブリッジの周辺には見どころがいっぱい!

産業革命の象徴であるアイアンブリッジを含め、この周辺に集まる博物館やアトラクションはなんと10カ所! 峡谷博物館、ブリスツ・ヒル・ヴィクトリア朝の町、エンジニュイティー、コールブルックデール鉄博物館、ダービー・ハウス、ジャックフィールド・タイル博物館、コールポート陶器博物館、ブロズリー・パイプワークス、タールトンネル。なんといってもお得なのはパスポート・チケット。どの博物館やアトラクションでも購入でき、10カ所すべてに入場できる上1年間有効です。パスポート・チケットの料金は大人£14.95、シニア£12.95、子供・学生(5〜18歳)£9.95、家族(大人2人子供3人まで)£48。

アイアンブリッジのパイ屋

とっても美味しいポーク・パイを毎日提供している、エリーズ・オブ・アイアンブリッジ とっても美味しいポーク・パイを毎日提供している、エリーズ・オブ・アイアンブリッジ

アイアンブリッジをすぐ渡ったところにある、Eley's of Ironbridge(エリーズ・オブ・アイアンブリッジ)はオススメのパイ屋さん。この店は毎日開店している上に、とっても美味しい自家製ポーク・パイやアップル・パイ、自家製のソーセージ入りサンドイッチなどが売っています。エリーズ・オブ・アイアンブリッジでは、9軒のセルフケータリング(自炊)のホリデイ・コテージもあり、アイアンブリッジの散策にはもってこい。そのコテージやアパートメントも最低2人用から7人用までと多様に対応しています。ホリデイ・コテージを利用すると、もれなく自家製ポーク・パイもついてくるとか!

【関連情報】

■ The Ironbridge Gorge Museum Trust
住所:Coach Road, Coalbrookdale, Telford, TF8 7DQ
電話:+44 (0) 1952 884 391
URL:http://www.ironbridge.org.uk
アクセス:ロンドンから電車で約3時間、ロンドンのMarylebone(メリルボーン)駅から最寄り駅のTelford Central(テルフォード・セントラル)駅。アイアンブリッジまではゴージ・シャトルというバスで約25分(シーズン中、土・日・祭日運行)

■ Eley's of Ironbridge
住所:13 Tontine Hill, Ironbridge, Telford, Shropshire TF8 7AL
電話:+44 (0) 1952 432 030
URL:http://www.eleys-ironbridge.co.uk

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/12/03)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索