page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イギリス・ロンドン・世界遺産の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

産業革命の発祥の地で、ヴィクトリア朝の町ブリスツ・ヒルを散策


掲載日:2009/01/08 テーマ:世界遺産 行き先: イギリス / ロンドン

タグ: おいしい お土産 ショッピング 世界遺産


産業革命の発祥地、アイアンブリッジ峡谷

ヴィクトリア朝の町ブリスツ・ヒルで、1世紀前にタイムトリップ ヴィクトリア朝の町ブリスツ・ヒルで、1世紀前にタイムトリップ

ロンドンから電車で約3時間、テルフォードの近郊を流れるセヴァーン川。その川にかかるコールブルックデール橋は、通称アイアンブリッジと呼ばれる1779年に建設された全長60メートルの世界初の鉄橋。そしてその周辺のセヴァーン峡谷は、アイアンブリッジにちなんでアイアンブリッジ峡谷と呼ばれています。アイアンブリッジ峡谷の一帯は、1986年には世界遺産に登録された文化遺産でもあり、いろいろな博物館やアトラクションが集まっているのですが、その中でも特にオススメなのがBlists Hill(ブリスツ・ヒル)です

ヴィクトリア朝の町、ブリスツ・ヒル

町のろうそく屋では、出来上がったろうそくは天井から吊るしてあります 町のろうそく屋では、出来上がったろうそくは天井から吊るしてあります

ブリスツ・ヒルは、ヴィクトリア朝当時のこの地域の産業であったレンガ・タイル工場、溶鉱炉、鋳造所や鉱坑などがそのまま保存された土地に造られた、ヴィクトリア朝の暮らしを忠実に再現した町です。シュロプシャー運河沿いにある町に入っていくと、銀行、食料雑貨店、薬屋、パン屋、菓子屋、肉屋、ロウソク屋、パブ、写真屋、町医者、学校などがあり、ヴィクトリア朝時代の町の様子がわかるようになっています。すべての建物は、注意書きがない限り中を見学することが出来、ヴィクトリア朝の衣装に身を包んだ職人さんやそこで働く人が、いろいろな興味深い話しをしてくれます。銀行では、現在の通貨のポンドを昔のお金であるペニーやハーフペニーなどに換金してくれ、町の中で買い物もできます(もちろん現在の通貨でのお買い物も可)。

イギリスのお土産にいかが?

食料雑貨店には、食料品からイギリスらしい雑貨までいろいろ揃っていますよ 食料雑貨店には、食料品からイギリスらしい雑貨までいろいろ揃っていますよ

ブリスツ・ヒルの薬屋では昔ながらの石鹸など、そして食料雑貨店ではイギリスならではの食べ物や雑貨などを売っているので、お土産にもいいかも。その他にも石膏屋、印刷屋や馬具屋などで売っている、石膏型、ポスターや革製品などもオリジナルで面白いものがあります。その場ですぐ食べるのにオススメなのは、パン屋で売っている焼きたてフルーツパン! 少し甘みのあるカレンツなどが入っているパンです。とっても美味しいのでぜひどうぞ。パンの焼き上がる時間が近づくと、人の行列ができるので少し早めにいって並びましょう!

2009年春さらに充実!

町の石屋兼大工は瓦も捏ねて作ります 町の石屋兼大工は瓦も捏ねて作ります

現在ブリスツ・ヒルの一部は工事中で、もっと充実した展示を準備中です。新しいカナル通りには、生地屋、菓子屋、揚げ魚屋や職人地区などが出来る予定。その他にも、新ビジター・センター、ブリスツ・ヒルとコールポートの運河を結ぶ傾斜昇降車、狭軌鉄道も2009年春に新しく登場する予定で、ますます充実したブリスツ・ヒルに変身!

【関連情報】

薬屋の隅にある小さな部屋には、ヴィクトリア朝の歯医者の治療室が! 薬屋の隅にある小さな部屋には、ヴィクトリア朝の歯医者の治療室が!

■ Blists Hill
住所:Legges Way, Madeley, Telford, Shropshire TF7 5DU
電話:+44 (0) 1952 884391
URL:http://www.blistshill.org、またはhttp://www.ironbridge.org.uk
アクセス:ロンドンから電車で約3時間、ロンドンのMarylebone(メリルボーン)駅から最寄り駅のTelford Central(テルフォード・セントラル)駅。アイアンブリッジ周辺まではゴージ・シャトルというバスで約25分(3月から10月の土・日・祭日運行)
入場料:パスポート・チケットの料金は大人£14.95、シニア£12.95、子供・学生(5〜18歳)£9.95、家族(大人2人子供3人まで)£48。ブリスツ・ヒルのみの場合、大人£10.50、シニア£9.50、子供・学生(5〜18歳)£7.50

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/01/08)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索