page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イギリス・ロンドン・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

普段着でOK♪ ロンドンで気軽にアフタヌーンティーが楽しめるカフェ!


掲載日:2012/08/03 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: イギリス / ロンドン

タグ: おいしい カフェ 紅茶


アフタヌーンティーは楽しんでみたいけれど...

Piccadilly Circus駅前の広場はいつも観光客でいっぱいです。 Piccadilly Circus駅前の広場はいつも観光客でいっぱいです。

2012年夏のオリンピック開催に向け盛り上がるイギリス、この機会に訪れる方もいらっしゃるかと思います。そしてイギリスといえばアフタヌーンティー!紅茶と一緒に軽食やケーキをいただくイギリスの伝統的な習慣ですが、ただ単に飲食を楽しむだけではなく、大人の社交場という側面もあります。そのため服装や作法なども気をつける必要があり旅行者には若干敷居が高くなりがちです。そこで、今回は肩肘はらずに気軽にアフタヌーンティーが楽しめるカフェをご紹介いたします。

旅行者に嬉しいお気軽アフタヌーンティー、あります!

趣きのある真っ赤な外観なので、一目で見つけることが出来ます。 趣きのある真っ赤な外観なので、一目で見つけることが出来ます。

今回ご紹介するのは、こちら「Richoux」のピカデリー店。様々な高級カフェがならぶピカデリー通りにあってジーンズやスニーカーなどの普段着でOKのカジュアルカフェです。(基本的にアフタヌーンティーを提供している有名なカフェはドレスコードがあります)とはいえ、外観も内装も本格的で雰囲気はばっちり!気軽に楽しんでみたいという方にぴったりの場所です。ちなみにアフタヌーンティーはお店によって時間が決まっているのですがこちらのお店はそれもないので、どの時間帯に行っても注文することができるというのも嬉しいポイントです。

あこがれの3段ティースタンドのおでまし!

見ただけでワクワクしちゃう3段ティースタンド。何から手をつけようか迷っちゃいます。 見ただけでワクワクしちゃう3段ティースタンド。何から手をつけようか迷っちゃいます。

というわけで、早速注文したのはこちら!「Richoux Traditional Afternoon Tea」のセット。一人前で16.50ポンド、二人前で29.95ポンド。飲み物はコーヒー、ココア、そしてもちろん紅茶から好きなものを選べます。3段のティースタンドには、1段目にサンドイッチ(スモークサーモン、キュウリ、たまご、チキンの4種類)、2段目にはスコーンとパウンドケーキ、3段目にケーキという組み合わせ。元々オペラ鑑賞などの前の簡単な腹ごしらえも兼ねていたということもあり、割とボリュームがあります。

内容もうれしい本格派!

ポットで提供される紅茶はたっぷり4?5杯分あり、ゆっくり楽しむことができます。 ポットで提供される紅茶はたっぷり4?5杯分あり、ゆっくり楽しむことができます。

スコーンはあたたかく、しっかりめのクロテッドクリームもおいしい!ケーキはちょっと甘めですがお茶とよく合います。お昼抜きで挑みましたが、最後にはお腹いっぱいになりました。おやつ感覚で食べるならば2人で一人前でもいいかもしれません。また、今回は平日に訪れたため席に余裕がありましたが、土日は満席になることもあるそうなので、心配な方は予約をお勧めします。英語で電話するのはちょっと...という方も、ウェブサイトから簡単にできるのでご安心を。

【関連情報】

観光客だけではなく、地元の人でもにぎわう店内。週末は予約をおすすめします。 観光客だけではなく、地元の人でもにぎわう店内。週末は予約をおすすめします。

■Richoux
住所:172 Piccadilly, London W1J 9EJ
電話:020 7493 2204
時間:月-金 8:00-23:00 / 土 8:00-23:30 / 日 9:00-23:00
アクセス:地下鉄「Green Park」もしくは「Piccadilly Circus」から徒歩5分
URL:http://richoux.co.uk/ (ピカデリー店:http://richouxpiccadilly.com)
Wi-Fi:無

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2012/08/03)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索