page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イギリス・ロンドン・お酒・バーの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ロンドンのクラフト・ビールを味わおう!ワイルド・カード・ブルワリー


掲載日:2017/09/02 テーマ:お酒・バー 行き先: イギリス / ロンドン

タグ: おもしろい バー・パブ ビール


大人気!クラフト・ビール

ウォルサムストウにある小さな醸造所、ワイルド・カード・ブルワリー ウォルサムストウにある小さな醸造所、ワイルド・カード・ブルワリー

ここ数年間、クラフト・ビールの人気はうなぎのぼり。クラフト・ビールのみを扱ったビールのフェスティバルも、イギリス各地で開催されているほどです。ビール醸造所はイギリス国内になんと1700以上もあるそうで、年間8%の割合でさらに増えているのだとか。そんな背景もあり、ロンドンでも原材料から厳選した小規模な醸造所が増加し、気軽にマイクロ・ブルワリーのビールを飲めるようになりました。今回ご紹介するのは、地下鉄ヴィクトリア線の北の最終駅ウォルサムストウ・セントラルの近く、住宅街の一角にある町工場団地の中にある醸造所、ワイルド・カード・ブルワリー。ウォルサムストウ・ヴィレッジという、村の雰囲気を残したエリアにある小さな醸造所です。

ワイルド・カード・ブルワリー

トランプの可愛いイラストのロゴが付いた、ワイルド・カード・ブルワリーのビールサーバー トランプの可愛いイラストのロゴが付いた、ワイルド・カード・ブルワリーのビールサーバー

ワイルド・カード・ブルワリーは、小規模の醸造所兼バー。趣味でビールの醸造をしていたというチームが、本格的にクラフト・ビールの醸造所を始めたのが2014年。まだまだ歴史が浅い醸造所ながらも、地元でジリジリと人気が出て、今ではロンドンをはじめ、全国にワイルド・カード・ブルワリーのビールを置くお店が少しずつ広がっています。エール、ラガー、ポーターなどの定番ビールの他、季節の果物などを使用したフレーバーのビールも季節限定で醸造しています。バーは金曜日、土曜日と日曜日のみ営業ですが、DJやバンド演奏などのイベントも時々行われています。

定番ビール

バーでは、ビールサーバーからなみなみと注がれるビールを楽しめますが、瓶入りビールも購入することが出来ます バーでは、ビールサーバーからなみなみと注がれるビールを楽しめますが、瓶入りビールも購入することが出来ます

ワイルド・カード・ブルワリーのビールは、トランプの可愛いイラストのロゴ。定番ビールの名前がユニークで、すべてトランプに因んでいます。クラブのジャックはルービー・エール(4.5%)、ダイヤモンドのクイーンはIPA(5%)、ハートのキングはブロンド・ビール(4.5%)、スペードのエースはロンドン・ポーター(4.7%)、ジョーカーはチェコのピルスナー・スタイルのラガー(4.4%)、とそれぞれ特徴があるビールです。

醸造所や醸造体験ツアー

醸造所ツアーも行なわれているワイルド・カード・ブルワリー 醸造所ツアーも行なわれているワイルド・カード・ブルワリー

ワイルド・カード・ブルワリーでは、醸造所ツアーも行われています(定員8人、所要時間約1時間半)。定番ビールがどうやって醸造されるのかの説明や、食べ物との合わせ方を紹介するペアリングなどがあり、ビールを楽しみたい人にピッタリ。もちろんツアーの最後には、定番ビールの味比べもあります。また、実際にビールを醸造してみたい人には、朝早く始まる約7時間の醸造体験ツアーもあります。ただし参加資格は、イギリスで飲酒可能な18歳以上となるので要注意。

関連情報

赤みのある色でコクのあるクラブのジャック(写真左)とスッキリ味のジョーカー(写真右) 赤みのある色でコクのあるクラブのジャック(写真左)とスッキリ味のジョーカー(写真右)

■ Wild Card Brewery
住所:Unit 7 , Ravenswood Industrial Estate, Shernhall Street, Walthamstow E17 9HQ
電話:+44 (0)208 935 5560
URL:http://www.wildcardbrewery.co.uk
ツアーのネット予約は、https://www.eventbrite.co.uk/o/wild-card-brewery-7904083980
開店時間:金曜日5pm〜0時、土曜日12pm〜0時、日曜日12pm〜10pm
アクセス:最寄駅はWalthamstow Central(ウォルサムストウ・セントラル)。駅から徒歩で13〜15分

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/09/02)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索