page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イギリス・ロンドン・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ロンドンで美味しい飲茶を食べに行こう!ロイヤル・チャイナの本格的な点心に舌鼓


掲載日:2018/02/12 テーマ:グルメ 行き先: イギリス / ロンドン

タグ: おいしい グルメ レストラン


ロイヤル・チャイナ

ドックランドにあるロイヤル・チャイナ・カナリー・リバーサイド ドックランドにあるロイヤル・チャイナ・カナリー・リバーサイド

世界の食を楽しめるコスモポリタン都市ロンドン。ひと昔前の印象とは違い、食文化が発展し食材も豊富になり、美食都市へと様変わりしています。ロンドンに滞在中は、イギリスの伝統的な食べ物だけでなく、他国の食も試してみるのをオススメします。中華料理もその中の1つ。多くの中華レストランが集まるチャイナタウンに行くのもいいのですが、今回ご紹介するロイヤル・チャイナは、チャイナタウンに支店がないレストランです。

美味しい飲茶点心

上海小龍包などの美味しい点心 上海小龍包などの美味しい点心

ロイヤル・チャイナは、飲茶点心と広東料理を中心としたレストラン。点心は在英日本人の間でも定評のある美味しさです。点心の定番、叉焼包(チャーシューバオ)、シュウマイや腸粉(チョンファン)、蝦餃(ハーガウ)や上海小龍包など、どれも美味!その他にも炒麺、湯麺や炒飯などもあり、おこわ好きなら蓮の葉にくるまれた糯米鶏(ローマイガイ)は外せません。飲茶は午後12時から5時まで。人気があるので予約をした方が確実ですが、週末などのピーク時は並ぶ覚悟で行きましょう。

ロブスター・ヌードルを食べてみよう

豪華で美味しいロブスター・ヌードル 豪華で美味しいロブスター・ヌードル

イギリスで人気があるのは、北京ダックよりもクリスピー・アロマティック・ダック。五香粉風味でクリスピーに仕上げたダックを、細く切ったきゅうり、白髪ねぎ、ホイシンソースと一緒にパンケーキに包んで食べるものです。福建炒飯、四川風エビチリやロブスター・ヌードルなどもオススメです。特にロブスター・ヌードルは見た目も超豪華。新鮮なロブスターが丸々調理されボリュームたっぷりなので、3〜4人でシェアするのがベストです。

どのロイヤル・チャイナにする?

店内に大きな水槽があるベイカー・ストリートのロイヤル・チャイナ・クラブ 店内に大きな水槽があるベイカー・ストリートのロイヤル・チャイナ・クラブ

ロイヤル・チャイナは、ロンドン中心部に3店、東ロンドンに1店、南西ロンドンに1店、そしてロンドン西部に1店。地下鉄駅から一番近い支店はロイヤル・チャイナ・クイーンズウェイで、クイーンズウェイ駅から徒歩約1分と便利な場所にあります。旗艦レストランのベイカー・ストリート店のすぐ近く、少し格が上なのがロイヤル・チャイナ・クラブ。他の支店と一線を引いたメニューとサービスが売りです。そして一番景色の良いのがロイヤル・チャイナ・カナリー・リバーサイド。東ロンドンのドックランドにあるのですが、目の前がテムズ川という気持ちよい場所です。お天気のいい日なら、観光を兼ねてリバー・バス(水上バス)でカナリー・ワーフ埠頭に行くのもいいかも。水上バスのルートはRB1とRB6です。

関連情報

エビの腸粉などの点心 エビの腸粉などの点心

■ Royal China
URL:http://www.theroyalchina.co.uk
開店時間:月曜日〜土曜日 12pm〜11pm、日曜日 11am〜10pm(支店によって違いあり)
アクセス:最寄駅は、Baker Street(ベイカー・ストリート)、Queensway(クイーンズウェイ)、Canary Wharf(カナリー・ワーフ)、Parsons Green(パーソンズ・グリーン)、またはHarrow-on-the-Hill(ハロー・オン・ザ・ヒル)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/02/12)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索