page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イギリス・ロンドン・おケイコの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

本場イギリスでフラワー・アレンジメントに挑戦!コベントガーデン・フラワーアカデミー


掲載日:2018/11/12 テーマ:おケイコ 行き先: イギリス / ロンドン

タグ: おけいこ たのしい 美しい


コベントガーデン・フラワーアカデミー

花溢れるコベントガーデン・フラワーアカデミー入り口 花溢れるコベントガーデン・フラワーアカデミー入り口

日本の生花とは異なる華やかな美しさを持つフラワー・アレンジメント。本場イギリスで、クラシックなフラワー・アレンジメントを体験してみたい人にオススメなのがコベントガーデン・フラワーアカデミーです。ロンドン本校では、王室からカミラ夫人(コーンウォール侯爵夫人)もレッスンを受けたことがことがあるそうで、フラワー・アレンジメントをまったく経験したことのない初心者から、プロとして活躍する上級者まで様々なコースが用意されています。企業向けイベントや、ウェディングのフラワー・アレンジメント・サービスも手がけているそうです。

少人数制クラス

校長ジリアン・ウィーラー氏によるテーブル・アレンジメントの基礎コース 校長ジリアン・ウィーラー氏によるテーブル・アレンジメントの基礎コース

クラスは6名から15名程度の少人数制で、1日コースからディプロマ・コースまであり、フラワー・アレンジメントの基礎やクリエイティブなデザインを学ぶことができます。短期コースは1つのテーマや季節の題材に取り組むので、イギリス旅行の行程に組み込むことも可能です。本格的なフラワー・アレンジメント・デザイナーを目指したいなら、ディプロマ・コースがオススメ。イギリスの田舎も合わせて体験するのが目的であれば、ロンドンのコベント・ガーデン校以外にもコッツウォルズ地方のチッピング・カムデン校があります。すべてBritish Accreditation Council認定のコースなので安心です。

様々なフラワーデザインのコース

テーブル・アレンジメントの基礎コースで出来上がった生徒たちの作品をアレンジ テーブル・アレンジメントの基礎コースで出来上がった生徒たちの作品をアレンジ

コースは、テーブル・アレンジメントの基礎、イベント用フラワーデザイン、ブライダル・フラワーデザイン、クラシック・フラワーデザイン・ディプロマやクリスマス・デコレーションなど内容や期間も様々です。コースによってはインターンシップが含まれていたり、実地経験を得ることが出来るものもあります。これからのシーズンは、クリスマス・デコレーションのコースに、日本語サポート通訳付きのレッスンも用意されています。(2018年は12月7日、12月10日、12月12日)。コース終了後は、仕上がった花を持ち帰ることができます。

英語が不安でも大丈夫!

真剣にテーブル・アレンジメントの基礎コースに取り組む生徒たち 真剣にテーブル・アレンジメントの基礎コースに取り組む生徒たち

レッスンは基本的にすべて英語なのですが、視覚的要素が大きいコースなので、中高生程度の英語力で十分です。ディプロマ・コースだけは英語試験のIELTS6以上の英語力があると安心ですが、日本語サポートや通訳付きコースもあるので、英語が不安な人にも安心してチャレンジできる環境が整っています。日本語での問い合わせや申し込みは、ジャパン・デスクご担当者までメールでどうぞ。japan@academyofflowers.com

関連情報

フラワー・アレンジメントのクラスで使用される素敵な花やグリーン フラワー・アレンジメントのクラスで使用される素敵な花やグリーン

■ The Covent Garden Academy of Flowers
住所:St Martin’s Courtyard, 9 Slingsby Place, Covent Garden, London, WC2E 9AB
電話番号:+44 (0)20 7240 6359
URL:https://www.academyofflowers.com
開店時間:月曜日〜土曜日 10:00〜19:00
閉店日:日曜日
アクセス:最寄駅はCovent Garden(コベント・ガーデン)で駅から徒歩約2分

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/11/12)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索