page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イギリス・ロンドン・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

行列のできるインド料理店「Dishoom」in ロンドン 「ベスト朝食」に選ばれた朝食もおすすめ!


掲載日:2019/02/05 テーマ:グルメ 行き先: イギリス / ロンドン

タグ: おいしい スパイシー料理 行列のできる店


有名で人気のインド料理店 2018年末にはマンチェスターにも開店

夕方になると、店先に本当に行列ができます 夕方になると、店先に本当に行列ができます

イギリスの町を歩くとすぐに気が付くと思いますが、イギリスにはインド出身者やインド系イギリス人が多いです。イギリスが長年インドを統治していて、イギリスに移住した人が多かったためですが、インド料理レストランが随所にあるのはこの歴史が関係しています。「Dishoom」は2010年に、ロンドンのコヴェント・ガーデンに1号店がオープンしたインド料理の店です。インドカレーだけでなくインドの家庭で食べられるような小料理が豊富で、ドリンクもより取り見取りでおいしく、店内のレトロな雰囲気も居心地よくてと、たちまち評判になりました。朝からオープンしていますが、夕食(17時45分以降)は6名以上のグループでないと予約できないため、夕方になると予約なしで来た人の行列ができます。人気は衰えず、2018年12月には、新たに中部地方のマンチェスターにも開店しました。

Dishoomの朝ごはんは「ベスト朝食」に選出

こちらは卵のナン・ロール(4.9ポンド)。おいしいです! 具はベーコンと卵、ソーセージと卵にもできます こちらは卵のナン・ロール(4.9ポンド)。おいしいです! 具はベーコンと卵、ソーセージと卵にもできます

Dishoomの夕食時の賑わいはたいへんなものです。その中に混じるのは楽しいですが、静かに過ごしたいなら朝食で利用するのがおすすめです。朝食は平日は8時〜11時45分まで、週末は9時〜11時45分まで、メニューはいろいろです。目玉焼きがのったチリチーズトースト、トマトや玉ネギやグリーンチリ入りオムレツ、スパイス入りスクランブルエッグを挟んだパンなどの《卵料理》、オートミールを牛乳で煮たおかゆ《ポリッジ》、タンドール窯で焼いたナンにベーコン、またはソーセージ、または卵を挟んだ《ナン・ロール》など、食べるとすぐに元気が出そうな料理ばかりです。Dishoomの朝食は、シティガイドのタイムアウト、ガーディアン紙、飲食サイトのロンドン・イーター、ファッション誌マリ・クレールなど様々な媒体が「ロンドンのベスト朝食」リストに挙げています。ホテルの朝食もいいですが、インド料理店での朝食も一風変わっていて面白いのではないでしょうか。

カレー以外を食べるのも、もちろんOK

スパイスがきいたエビのグリル Masala Prawns(11.9ポンド)、ナン(2.9ポンド)、マンゴーラッシー(3.9ポンド) スパイスがきいたエビのグリル Masala Prawns(11.9ポンド)、ナン(2.9ポンド)、マンゴーラッシー(3.9ポンド)

Dishoomは、グリル料理も充実しています。チキン、ラム、エビ、ティラピア(白身魚)に加え、パニール(インドで食べられているチーズ)、ポテトもあります。酢、ヨーグルト、ライムジュース、ガーリックのクリームなどに漬けたりしてあり、風味は様々です。日本人には少し辛めの料理もあるので、注文時にお店の人に辛さを確かめるとよいでしょう。

落ち着く、お洒落な空間

Dishoomはロンドンでは5店展開、写真はショーディッチ店です Dishoomはロンドンでは5店展開、写真はショーディッチ店です

Dishoomは、昔、インドやパキスタンに移住したイラン人たちが両国で開いたカフェ(イラニ・カフェ)をコンセプトにしています。宗教や社会的地位に関係なく、誰でもいつでも気軽にお茶を飲んだり軽食をとったりする場だったこのカフェは最盛期には数百もあったそうですが、いまはぐんと少なくなりました。1人でもグループでも長居したくなるDishoomの空間に、1度足を運んでみませんか?

店舗情報

キングス・クロス店1階です。地階も上階も屋外席もあります。 キングス・クロス店1階です。地階も上階も屋外席もあります。

Dishoom
URL:www.dishoom.com

■Covent Garden店   
住所:12 Upper St. Martin’s Lane, London WC2H 9FB
電話: +44(0)20 7420 9320
開店時間:月〜木 8時〜23時 金 8時〜24時 
     土 9時〜24時  日 9時〜23時

*他店はサイト参照

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/02/05)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索