page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イギリス・ロンドン・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

やっぱり行きたい!定番スポットのコロンビア・ロード・フラワーマーケット 朝食にベーグルはいかが?


掲載日:2019/06/06 テーマ:観光地・名所 行き先: イギリス / ロンドン

タグ: キレイ 一度は見たい 街歩き


毎週日曜、天気が悪くても欠かさず開催

6月は、アジサイやヒマワリが並びます 6月は、アジサイやヒマワリが並びます

食のマーケット、食と服飾雑貨のマーケットなど、ロンドンはマーケットめぐりも楽しい町ですが、美しい花々が道路沿いで売られるコロンビア・ロード・フラワーマーケットも、とても有名でしょう。毎週日曜日、天候の良し悪しにかかわらず、コロンビア通りの一区間に、季節を感じさせる色とりどりの切り花や植木がぎっしりと並べられます。ものすごく長い区間ではないですが、華やかな花、工夫したディスプレイ、元気な売り子、そして花を買っている人たちを見ながら歩くと、意外に距離があるなと感じます。ここには、昔、コロンビア・マーケットという名の大きな屋内市場がありました。その後、市場は幕を閉じて工場として使われたりして、第二次世界大戦後に建物は取り壊されました。このフラワーマーケットは、家に小さい庭を持つこの界隈の人たちのために催されるようになったといいます。1970年代に廃れそうになったのが、地元の人たちの努力で盛り返していまに至っています。輸入品もありますが、ロンドン郊外で育てた花を売る人もいます。

植物に心いやされる

整然と並べられた植物 整然と並べられた植物

マーケット開催は朝8時〜15時ごろです。でも、ぴったり8時というわけではなく、8時前に準備を終えている屋台もあります。ピークはだいたい10時半〜13時。天気がよくない日の混み具合は実際に見たことがないのでわからないですが、好天だと、すでに9時くらいには人が結構出ます。「ピーク時は人の流れに乗って歩くべき」という注意を書くサイトも見られるので、自由に行ったり来たりしたいなら、やはり、早めか、終わりの14時〜15時がよいでしょう。単に花を見るだけと思うかもしれませんが、まるで「入場無料の洒落た植物園」です。花に抵抗感がなければ、植物から、きっと元気をもらえると思います。

大量買い! 花好きな地元の人がいっぱい

持参した大きな袋が、購入した植物でいっぱいに 持参した大きな袋が、購入した植物でいっぱいに

観光客としては見るだけ、または、ほんの少し買ってホテルで飾るという楽しみ方もできますが、やはり「たくさん買おう!」と意気込んで買いに来る人たちはたくさんいます。アジサイの大きな束を2つ買う人、この花あの花とあちこちの屋台で少量ずつ買う人、写真のように鉢類を大量に買う人など、イギリスには花好きが多いような気がします。

朝食は、マーケット近くで済ませたい

ウィンドー側に置かれたサンドイッチ(テイクアウェイ可)と、店内奥の庭 ウィンドー側に置かれたサンドイッチ(テイクアウェイ可)と、店内奥の庭

花の屋台の背後には、コロンビア通りの常設のお店がたくさんあります。付近にもお店があります。ガーデンニング品、美術品、子供服、雑貨、アクセサリーの店など、時間が許す限りのぞいてみると楽しいでしょう。そして、食事もお勧めです。手作りのベーグルサンドイッチが窓際にずらりと置かれていて、つい中に入りたくなるのが、カフェ・コロンビア(コロンビア・ロード No.138 日曜のみ朝5時半〜15時開店)です。30年続く自営です。スモークサーモンとクリームチーズが不動の人気とのことですが、ほかにもスモークサーモンと卵マヨネーズや、スモークベーコンや、マヨネーズ風味のカニなど、選ぶのに迷ってしまいそうです。ボリュームたっぷりで、お腹いっぱいになりました。ドリンクもコーヒー、フルーツティー、ホットチョコレート、フルーツジュース、アイスコーヒー、アイスティー、豆乳など、充実しています。気さくな女性店主は、「天気が悪くても、本当に毎週開くのだから、すごいものですよ」と花を売る人たちの熱意について話してくれました。

マーケット情報

赤やピンク系の花も素敵です 赤やピンク系の花も素敵です

■Columbia Road Flower Market and Shops
住所:Columbia Road., London E2 7RG
URL: www.columbiaroad.info
営業時間:毎週日曜8:00〜15:00(おおよそ)
 
Cafe Columbiaほか、花市の周囲の店の詳しい情報はこちら
www.columbiaroad.info/shops/list/category/eating_drinking

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/06/06)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索