page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イギリス・ロンドン・美術館・博物館の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

意外と見応えタップリ!肖像画が集まるナショナル・ポートレート・ギャラリー


掲載日:2020/01/05 テーマ:美術館・博物館 行き先: イギリス / ロンドン

タグ: おもしろい 素晴らしい 美術館


ナショナル・ポートレート・ギャラリー

トラファルガー広場近くにあるナショナル・ポートレート・ギャラリー トラファルガー広場近くにあるナショナル・ポートレート・ギャラリー

世界最大の肖像画コレクションを蔵するというナショナル・ポートレート・ギャラリー。イギリスの歴史や文化に大きな影響を与えた人々を讃える目的で1856年に創設された美術館です。ナショナル・ギャラリーに隣接しあまり目立たない存在ながらも、なかなか見応えがあるのでオススメです。比較的こぢんまりとしたサイズのギャラリーなので、時間が十分に取れないときにでもサッと見て回ることが出来ます。

肖像画の様々な媒体

兄弟ブランウェルによって描かれたブロンテ姉妹の肖像画は文学ファンには必見 兄弟ブランウェルによって描かれたブロンテ姉妹の肖像画は文学ファンには必見

ナショナル・ポートレート・ギャラリーの主要な所蔵コレクションは1万点以上。中世から現代まで制作者や描かれた人物も多岐にわたり、絵画はもちろんのこと、彫刻、描画や写真など様々な媒体を使ったポートレートが展示されています。イギリス王室はもちろん、ウィリアム・シェイクスピア、ジェーン・オースティン、チャールズ・ダーウィン、政治家、ミュージシャンやセレブなど、各分野で活躍した/する人々の多くのポートレートがあります。

イベントや特別展示

毎年行われているBPポートレート・アワードの作品群 毎年行われているBPポートレート・アワードの作品群

ギャラリーではハイライト・ツアーが定期的に行われていたり、週末にはワークショップが行われています。毎週金曜日の夜には(午後6時から午後9時)バーでドリンクを飲みながら音楽を楽しんだり、描画やトークなど多くの無料イベントが行われています。2020年2月27日から6月下旬までは、イギリスの現代美術界を代表するアーティストであるデイヴィッド・ホックニーの特別展示(有料)が予定されています。「Drawing from Life」と題する特別展示は約150作品からなり、50年間にわたる5人の被写体を見比べながら、彼のアーティストとしての軌跡をたどるものになるそうです。

レストランやカフェ

天井がガラス張りの地下にあるカフェで小休憩 天井がガラス張りの地下にあるカフェで小休憩

多くのロンドンの博物館や美術館と同じように入場無料のナショナル・ポートレート・ギャラリー。気軽にギャラリーに立ち寄れるのも魅力ですが、眺めの良いレストラン&バーや落ち着いた雰囲気のカフェも併設されています。朝10時からオープンしているので、ブランチから楽しむことが出来ます。ギフトショップでお土産を買うのも忘れずに!

関連情報

イギリスだけでなく世界の音楽に影響を与えたビートルズのポートレート イギリスだけでなく世界の音楽に影響を与えたビートルズのポートレート

■ National Portrait Gallery
住所:St Martin’s Place, London WC2H 0HE
電話番号:+44 (0)20 7306 0055
URL:https://www.npg.org.uk
開館時間:毎日 10am〜6pm(金曜日は9pmまで開館)
休館日:12月24日〜26日
アクセス:最寄駅のCharing Cross(チャーリング・クロス)から徒歩約5分

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/01/05)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索