価格もお手ごろの紅茶ブランド

(前編からの続きです)。高級デパートだと少し予算オーバーだ、という方には「ウィッタード・オブ・チェルシー」はいかがでしょう。ナショナルギャラリーやコンベントガーデン近くなど、市内に路面店があるので、観光の途中でも気軽に立ち寄れることができます。簡単な英語でも対応してくれて、寝る前の軽い紅茶とオーダーしたら、テイスティングもさせてくれました。価格的には、デパートとスーパーの間くらいです。ポットやカップ、紅茶グッズも豊富なので、紅茶ファンは見てるだけでも楽しいお店でした。

紅茶好き、必読! イギリスに行ったら、買いたい紅茶の銘柄はこれ! 後編 紅茶好き、必読! イギリスに行ったら、買いたい紅茶の銘柄はこれ! 後編

スーパーで買うなら、日本で手に入れずらい紅茶が狙い目

ロンドンの小さいスーパーでも、世界的にも知られている紅茶メーカー「トワイニングス」や「tetley」の商品なら購入可能。しかし、せっかくイギリスまで行ったのだから、日本では手に入りにくい紅茶を買ってみてはいかがでしょう。おすすめは「Clipper」。オーガニック素材にこだわった紅茶メーカーで、ここのハーブティーは地元の人にも人気。「Teapigs」もスーパーで売っており、日本の半額くらいなのでお得感あります。スーパーで買える商品でもパッケージがかわいいから、人に配る土産用にもなります。

カフェインフリーのブラックティーもたくさん

紅茶は好きだけど、カフェインが気になって飲むのを控えている人もいるかと思います。カフェインフリーとなると、ミントティーやローズヒップなどハーブティーが思い浮かびますが、イギリスにはブラックティーなのに、カフェインが入っていないデカフェ(カフェインフリー)の紅茶もけっこう見かけます。有名メーカーの「トワイニングス」もアールグレイや、他メーカーでもブレンドティーでデカフェを売り出しています。これで、カフェイン摂取の心配もなくなりますね!

ティールームで飲んでから、気に入った紅茶を買おう

紅茶好きの国民イギリス人が住むロンドンへ行けば、美味しい様々な紅茶が手に入ると実感しました。人への土産用なら、ご紹介したデパートやスーパーで購入するのもいいのですが、実は一番のおすすめはティールーム。アフタヌーンティーや休憩で入ったティールームで、紅茶を頼んで実際に飲んでみましょう。気に入ったら、そこの店のものを購入するのが、きっと一番の旅の思い出になりますよ。