物価高のロンドンで、日常生活の強ーい味方は?

ロンドンは昔から物価高と言われます。短期旅行ならまだしも、中、長期旅行や留学、仕事で滞在した時、日々の食費はできれば節約したいもの。そんな時の強い味方が、中華料理やインド料理、アラブ料理のテイクアウトのお店です。お昼なら、パブのランチも割安ですし、日本よりボリューミーなサンドイッチも外せません。イギリスのサンドイッチ伯爵が考案したというサンドイッチは、自販機もあるほどで、みんなよく食べていますね。そしてもう一品、イギリスならば避けて通れないのが、フィッシュ&チップスでしょう。イギリスの料理はおいしくないという人もいますが、本当においしくないのでしょうか? そもそもイギリス文化の作法では、「食のことをとやかく語るのは下品」という考え方があります。どうもこの考え方が、フィッシュ&チップスの評判を必要以上に落としているような気がしてなりません。

イギリスはおいしい? 実は意外にイケてるフィッシュ&チップは種類も豊富! イギリスはおいしい? 実は意外にイケてるフィッシュ&チップは種類も豊富!

フィッシュ&チップスのおいしい食べ方(自己流)

僕はこれまで、フィッシュ&チップスがおいしくないと思ったことは一度もありません。アツアツなら間違いなくおいしいですし、冷めても意外にイケるのです。日本でも漁師の家では、煮魚や焼き魚を冷めてから平気で食べますし、味が馴染んでうまいという魚通の人もいます。さて、僕の自己流おいしい食べ方はこうです。安い店では、テーブルや椅子が油でべとついていることがあるので、店では食べない。テイクアウトです。新聞や紙袋にテキトーに包んでくれたフィッシュ&チップスに、塩とビネガーをたっぷりかけて、紙ごと振ります。そうして青空の下の公園に向かいます。ベンチに座って膝の上に置き、手づかみで食べるのです。これがうまい! 歩いてきたせいで、塩とビネガーがいい塩梅に絡み合い、余分な油が包装紙に染み込むのです。公園が充実しているロンドンならではの楽しみ方です。ただし、紙ナプキンはたくさんもらっておきましょう。

フィッシュ&チップスの種類はいろいろ

ホテルに持ち帰って食べる時の、お供はエールビールです。薫り高い上面発酵ビールが実に合います。それともう一点、魚の種類も多いので、食べ比べてみてください。タラ(Cod)が一般的ですが、僕がもっとも好きなのはPlaice(カレイ)やSole(ヒラメ)です。中でもLemon soleは日本のナメタガレイに似ており美味ですし、Dover Soleはドーバー海峡で獲れる舌平目のこと。絶品です。そしてRockfish(カサゴ)も忘れてはなりません。日本では白身の高級魚として、刺身に煮付け、揚げ物、吸い物となんでもござれの上品な味わいの魚です。海に潜ると、カサゴは岩の間でじっとしているのを見かけます。そこが住みかなのですね。だから英語でもこんな名称なのでしょう。そして珍味としてはSkate(エイ)があります。トロリとした味わいは、なかなかですよ。是非一度、各種の魚も試してみてください。