何年経っても交替式は変わらない?

ロンドン観光の目玉のひとつに、バッキンガム宮殿の衛兵交替式があります。バッキンガム宮殿内の任務に就く衛兵がウェリントン兵舎からやって来て、任務を終えた衛兵と交替式を行うものです。ロンドンを訪れた何年か前に見に行ったので、2度目の訪問で再度行こうか、どうか迷いました。何年経っても同じ式だろうと、思ったからです。ところが、異なるものもありました。それはブラスバンドが奏でる音楽です。レパートリーは豊富なようで、前回とは異なる音楽が聴けました。

バッキンガム宮殿の衛兵交替式は、音楽にも注目! バッキンガム宮殿の衛兵交替式は、音楽にも注目!

誰もが知っている曲が演奏される

私が訪れたのは2015年の12月上旬。ブラスバンドが演奏したのが、映画「スターウォーズ」のサウンドトラックでした。12月中旬にこのシリーズの新作が公開されることを控えてのことだと思います。だれもが聞き覚えのある有名な曲が流れると、自然に観客から「わ〜」と声が上がりました。私の横でも、スターウォーズファンの相方が目をキラキラさせて、喜んでいました。普段からクラシック、ポップス、イギリス出身のビートルズの楽曲、誰もが知っているような有名な曲が演奏されています。

音楽を聴くなら、場所取りを間違えないで

この音楽隊の演奏をしっかり聞きたいなら、場所取りが大事になってきます。バッキンガム宮殿の前には、ヴィクトリア女王記念碑の円形になった広場があります。そこから衛兵の行進ならよく見えますが、音楽を聞くなら広場に背を向け、宮殿入口側のフェンス越しに場所取りをしましょう。門の中で音楽隊の音楽とともに、交替式が行われるからです。衛兵たちの移動が始まると、道路は移動ができなくなるので注意しましょう。

行進がメインで見たいなら、穴場は兵舎と退場

夏なら1時間前から場所取りは当たり前で、歩道に入りきれないほどの人だかりができる人気ぶり。それでも、穴場はあるものです。衛兵が新しく任務に就くために出発する、また任務を終えて戻って行くウェリントン兵舎でも行進が見られる穴場として知られています。そして、もう一つ私が発見したのが、退場。場所取りの到着が遅れてしまっても、退場なら大丈夫です。新しい衛兵がやって来て門内へ入ってしまうと、帰ってしまう観光客がかなり多かったので、その間にいい場所を取り直せます。宮殿からBirdcage Walkへ出るSpur.Rdで待っていれば、交替式の後、兵舎へ戻る行進が間近で見られますよ。