ロンドンのシンボルのひとつ、ロンドン・アイ

市内のどこからでも目に付くから、ロンドンを訪れたら一度は乗ってみたくなるのが、観覧車ロンドン・アイ。場所はテムズ河を挟んで、ビックベンの斜め対岸に建っています。周りには水族館やロンドン・ダンジョンがあります。もともとは5年の期間限定の予定で、1999年に開業されました。ところが、あまりにも人気なので取り壊さず、その後も営業されて現在に至っています。32個のカプセル型の箱には25名が乗車でき、最大高度は135メートル。今ではすっかり街のシンボルのひとつとなりました。

ロンドンで人気の観覧車ロンドン・アイ。いつ乗るのがおすすめ? ロンドンで人気の観覧車ロンドン・アイ。いつ乗るのがおすすめ?

昼に行こうか、夜に行こうか?

夏に訪れた友人から、数時間待ちだったと聞いて、行くのをためらいました。でも、以前ロンドンを訪れたときも乗れなかったことを思い出し、今回こそは乗りたい!と行ってみることしました。営業時間は10時から21時。そこで迷ったのが、昼に行くのか、夜に行くのか。天候がよければ、昼間の観覧車から遥か40キロ先まで見えるといいます。残念ながら、私たちが訪れたとき、ロンドンは雨こそ降りませんでしたが、曇り日が続いていました。なので、昼間に乗ってもかすみがかってしまい、あまり景色がすっきりしないだろうと思い、夜に行くことにしました。これが大成功!

夜のライトアップが楽しめる! カプセルからの大絶景!

観覧車からロンドン市内の夜景を30分間、満喫することができました。対岸に建つビックベンはもちろん、セントポール大聖堂や街がライトアップされた姿は本当にきれい!! カプセルの中では方角に合わせて、ビュースポットが紹介されているので、何のモニュメントがどの辺りにあるのか、地理上のロンドンが分かってくるのも楽しいです。また、混雑も気にしましたが、19時頃行ってみると空いていて、チケットを買う列も10分以下の待ち時間。季節や天気に合わせて、昼か夜か選択するのが賢い楽しみ方だと思います。

ロンドン・アイを背景に撮影するなら、橋の上がおすすめ

観覧車に乗るために、ハンガーフォード橋を徒歩で渡って、テムズ河対岸へと渡りました。現在は、コカコーラがスポンサーなので、夜は観覧車が赤くライトアップされています。それを背景に写真を撮るなら、橋の上が絶好のスポット。ウェストミンスター橋からでも、もちろんきれいに見えます。橋を渡ったら、テムズ河に浮かぶように建つ対岸のビックベンの写真を撮るのも忘れないようにしましょう。写真といえば、観覧車を降りる付近に、カプセル内で記念写真が撮影されます。隣の土産屋で販売されているので、記念の1枚になりますよ。