ロンドンのミュージアムは無料って本当?

物価の高いロンドン。日本からの旅行者は、観光コストが高くても博物館は無料だから安心、と言っているのをよく聞きます。嘘ではありませんが、本当でもない話。全部無料なのではなく、私営の博物館は有料になります。だからといって、無料博物館だけ回っているだけではもったいない! なぜなら、ロンドンには少し変わった面白い博物館もたくさんあるからです。子連れも楽しめる博物館、スポーツ好きなら行きたくなる博物館などご紹介しましょう。

知る人ぞ知る?! ロンドンにある、少し変わった博物館 知る人ぞ知る?! ロンドンにある、少し変わった博物館

親子連れに人気の博物館はここ!

「ロンドン交通博物館」は、その名の通りロンドンの交通機関の歴史を紹介している博物館。古いタイプの2階建てバスや昔のタクシー、馬車、地下鉄の車両などが展示されています。鉄男・鉄子ならもちろんですが、家族連れで行っても楽しめるスポット。しかも子どもは入場料無料なのもうれしいですね。コヴェント・ガーデン・マーケットの横なので、マーケットに行ったついでに立ち寄れます。もう一つ、ここはミュージアム・ショップが充実していることでも知られているので、面白い土産探しにも最適です。

ここなら、有名人に会って写真が撮れる?

有名人のろう人形を展示している「マダム・タッソーろう人形館」。世界の有名人たちを、本物そっくりにろう人形で作り展示しています。マイケル・ジャクソン、ビートルズやロイヤルファミリーなど、ここでは書ききれないほどたくさんありました。人形なので、一緒にセルフィーを撮っても嫌がられません(笑)。 ところで、耳寄りな話が一つ。ロンドン・アイのチケット売り場で、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーのカップルに遭遇!と思ったら、実は宣伝のために、このろう人形館からやって来ていました。ここなら入館せずに撮影できました!

イギリス人は、スポーツが好きが多い?

2015年のラグビーW杯で、日本チームの活躍を見てラグビーファンになった方はいませんか。イギリスはラグビー誕生の地で、ロンドン郊外トゥイッケナムにはラグビー博物館まであります。サッカー好きな方なら、チェルシーやアーセナルのサッカースタジアムに併設された博物館の方が楽しめるでしょう。選手控え室まで見られますから。また、テニスの聖地ウィンドブルドンにも博物館があり、錦織圭選手が試合を行ったコートを目の前にみることができます。ロンドンは博物館の宝庫。あなたはどの博物館に行きたくなりましたか。