page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

2019年版/今年は欧州鉄道乗り放題パス「ユーレイルパス」60周年! 新たに英国も加盟


掲載日:2019/10/04 テーマ:鉄道 行き先: イギリス / ロンドン

タグ: おもしろい お得 ひとり旅 安い 節約 鉄道


欧州内をくまなく回るなら利用価値大!

北欧の人気路線ベルゲン鉄道。 北欧の人気路線ベルゲン鉄道。

ヨーロッパ内はシェンゲン協定(※)加盟国であれば国境を超えるのに入国審査の必要がなく、楽々と各国周遊の旅が楽しめます。島国の日本にいると、海外旅行は一大イベント感がありますが、たとえば中欧などは国が小さいために、各都市の距離も近く、日本の国内旅行のような感覚で旅できます。ただ、日本ほどではないにしても鉄道料金はそれなりにかかります。2区間でもあっという間に100ユーロは行ってしまうので、ぜひ活用したいのが欧州鉄道の乗り放題パス「ユーレイルパス」です。このパスが1枚あれば、どの国でも町でも乗り降り自由。個人旅行には欠かせないパスでしょう。1959年に誕生して、今年で60周年を迎えました。
(※)シェンゲン協定とは、ヨーロッパ各国間の人や物の移動に関して、国境検査なしで越えることを許可するもの。

シンプル化したパス、料金は最大で37%のディスカウント

ユーレイルパスには、乗車日を選べるフレキシータイプと、有効期間内ならいつでも乗車可能な連続通用タイプがあります。フレキシータイプのトラベルカレンダーには必ず乗車月日を記入しなくてはなりません。 ユーレイルパスには、乗車日を選べるフレキシータイプと、有効期間内ならいつでも乗車可能な連続通用タイプがあります。フレキシータイプのトラベルカレンダーには必ず乗車月日を記入しなくてはなりません。

今年から英国、マケドニア、リトアニアが加わり、トルコも含む31か国が乗り放題となりました。また発足60周年を記念して、これまで複雑だったパスを3種類にシンプル化し、なんと料金も最大で37%も安くなったのです。パスの種類は下記となります。
1、ヨーロッパを数か国周遊できる「グローバルパス」。欧州31か国が乗り放題となります。
2、ヨーロッパ1か国内の周遊パス「ワンカントリーパス」。25か国と地域から選べます。
3、ギリシャの島々53島から選べる「ギリシャアイランドパス」。
ちなみに、グローバルパスの最低料金は168ユーロ〜と大幅にディスカント。もちろん、ユースは23%、シニア10%の割引があり、11歳以下の子供は無料。家族旅行にはうれしい限りです。

ユーレイルパスはどこで買う? どう使う? 予約は?

パス購入時にもらえるユーレイルパスガイド(日本語版)とユーレイルマップ。 パス購入時にもらえるユーレイルパスガイド(日本語版)とユーレイルマップ。

最短3日間から最長3か月のパスがあるので、旅程に合わせて選びたいユーレイルパスですが、どこで購入して予約はどうするのでしょう。パスの購入は、旅行代理店またはインターネットで行います。「ユーレイルパス」で検索すると取り扱い代理店が多数出てきます。初めてのヨーロッパ鉄道旅行で旅程やホテル手配など自分でやるのが不安という方は、旅行代理店の窓口でスタッフと相談しながら購入することをおすすめします。WEB購入に慣れている方は、Eurail.comかレイルヨーロッパで直接購入を。鉄道の種類や区間によっては予約が必要な路線もあり、これはユーレイルパス「レイルプランナーRail Planner」アプリからも予約可能です。ユーレイルパスを購入したら、旅行が始まる前に旅行代理店か、現地の鉄道駅のチケット窓口でパスを有効化します。詳細は購入時にもらえるガイド小冊子を参考に。またHPでご確認ください。
※Eurail.com https//www.eurail.com/jp
※レイルヨーロッパ http://raileurope-japan.com

日本人のユーレイルパス利用の動向、いちばん人気の国は?

ユーレイルパス60周年セミナーが初夏に開催され、日本マーケットについての報告もありました。2018年、日本人の訪問者がもっとも多かったのはドイツです。そして、スイス、イタリア、フランスと続きます。路線では、ケルン〜フランクフルト、ミュンヘン〜ザルツブルク、チューリッヒ〜ベルン、フィレンツェ〜ピサなどが人気です。ユーレイルパスでの旅の計画は、1〜3か月前で、多くの人が出発日に近いタイミングでパスを購入しています。さらに、日本人は旅行情報を収集するのに、ネット情報より紙媒体のガイドブックを利用する人が多いとのこと。その結果も意外ですね。レイルプランナーのアプリをスマートフォンにダウンロードすれば、列車の詳細な情報、オフラインで使える鉄道時刻表なども見られて便利です。現在は英語版のみですが、近い将来、日本語バージョンが登場するそうです。楽しみですね。
●取材協力 ユーレイル・グループGIE www.eurailgroup.org

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/10/04)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索