パンを食べまくって思ったこと

「ウクライナのスーパーマーケットお買い物ガイド(その1)」からのつづきです。おいしいものがある一方、ほかのヨーロッパ諸国に比べ意外にイケてないと思ったのは…菓子パンです。シンプルな食事パンなどはいいのですが、甘いパン全般がイマイチ。何回食べてもそう思いました。私は菓子パン好きなので評価が厳しいのでしょうか。みなさんも確かめてみてください。パンはたいてい自分で袋に入れるだけでOKですが、あらかじめ商品名のシールが貼られた袋が近くにあり、それに入れなければならないという面倒なお店も。小さなキリル文字を識別するのが大変でした。しかもよく見るとパンはあっても袋がないということもあり、袋ありきでパンを選ぶ始末。そういう「なぜ?」というシステムも、外国ならではでおもしろいのですが。

サンドイッチはボリュームがあり、とてもおいしいです サンドイッチはボリュームがあり、とてもおいしいです

いくつも試してみたいチーズ

チーズはウクライナの特産品。スーパーには地元オリジナルの、いかにも手作りっぽいものが多く売られていて、かなりそそられます。それぞれの特徴もわからず適当に買ってみたら…私が買ったものは食べられないくらいに塩辛かったです。尋常じゃない塩分、何かの調理に使うチーズですか?と現地の人に聞いてみましたが、「そのまま普通に食べる」との答えでした。そんななか気に入ったのは、どこでも売っている大衆的なメーカー品です。電車で隣り合ったウクライナ人から分けてもらったそのチーズとサラミがおいしくて、後日、自分でも何度か買いました。大量生産の市販品でも(だからこそ?)こんなにおいしいとは。いくつか種類があり、どれも食べやすい味でした。

どの店でも見かけたメジャーブランドのチーズとサラミ。失敗したくないときはコレで どの店でも見かけたメジャーブランドのチーズとサラミ。失敗したくないときはコレで

スメタナを添えれば、たちまちウクライナ風

ウクライナらしいものとしてほかにおすすめは、スメタナと呼ばれるサワークリーム。酸味があってさっぱりしているのに、濃厚でクリーミー。ウクライナではボルシチをはじめ、水餃子に似た料理(ヴァレーニキ)に添えたり、いろいろな料理に欠かせない食材です。乳製品売り場に、たくさんの種類が売られています。私はくだものにつけて食べていました。チェリーなどと一緒に食べると、最高! それだけでリッチなデザートになります。

スメタナはヨーグルトと似たようなパッケ−ジで売られています スメタナはヨーグルトと似たようなパッケ−ジで売られています

和風な味が恋しくなったら…

ウクライナではお寿司が人気で、スーパーに寿司コーナーがあることも。ほぼ巻きものオンリーですが、日本的なものが食べられるのはうれしいですね。値段は少々お高めです。また、インスタントラーメンはどこでも売っているので、アジアっぽいものを安く食べたいときはおすすめ。こちらは日本円にして50円ぐらいで買えます。和風ではないですが、安いといえば、究極の安上がりな食品はビスケットだと思いました。量り売りで少量でも買えて、絞り出しビスケット7枚17円、アーモンドチョコビスケット4枚22円など、自分のメモを見返しても泣けてくる安さ。ビスケットで朝食をすませている若者をホステルで見かけて、なるほどと思いました。(その3へつづく)

※1フリヴニャ=約3.9円。2019年1月時点

モダンでおしゃれな寿司コーナー モダンでおしゃれな寿司コーナー