page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

駅名はどこ? 注意すべきことは? キエフの地下鉄に乗ってわかったこと(後編)


掲載日:2018/10/12 テーマ:鉄道 行き先: ウクライナ / キエフ

タグ: ためになる 街歩き 地下鉄 鉄道


路線図が手元にあると便利

車内に必ずある路線図。地下鉄は赤・青・緑に色分けされています 車内に必ずある路線図。地下鉄は赤・青・緑に色分けされています

「キエフの地下鉄に乗ってわかったこと(前編)」からのつづきです。車内には路線図があるので、その近くに立って確認しながら乗っていると安心です。ただ混んでいるとそれも見えづらかったりします。私は念のため、ネットで探した路線図をプリントアウトして常に持ち歩いていましたが、とても役立ちました。ホームの案内板には停車する駅名が羅列してあるのですが、各線の「終点駅」がわかると、案内板の最後の文字だけ見ればいいので、どちらのホームに行くべきかわかりやすいのです。また、乗り換え駅の名称が路線によって異なるのも注意。同じ駅に2つの名前があるので、乗り換えの際は把握しておきましょう。それをチェックするのにも、手元の路線図は便利でした。路線図では、色分けされた3つの路線にそれぞれM1、M2、M3と記号も表示されているので、案内板を見るときはそれも目印になります。

時間帯によってはすごく混むことも

中心部にある乗り換え駅はいつも混んでいるし、ラッシュアワーには「もう1台待とうか」と思うくらいぎゅうぎゅうのことがあります。電車が着いた直後には、通路にも人があふれます。旅行者が移動のためによく使う駅としては、鉄道駅に隣接し、空港バスも発車するVokzalna駅、大きなバスターミナルがあるDemiivska駅などが挙げられますが、乗る時間帯によっては注意。特に夕方のラッシュアワーにスーツケースなどを持って乗車するときは、時間に余裕をもって行くとよいと思います。

心に残る、独特の空気感

人々がランダムに立つ、地下鉄の駅のホーム 人々がランダムに立つ、地下鉄の駅のホーム

地下鉄に乗り、どんどん入れ替わっていく人の流れの中、乗り換える駅や降りる駅を間違えはしないか。キリル文字にも慣れ、もう何十回と乗っていても、そう思うことがありました。考えてみれば路線はたったの3つ。東京と比べたら、シンプルこの上ないのです。もし間違えたら、ホームの反対側の電車に乗って戻ってくればいいのです。そう思っても、知らない言語、走行音、揺れ、そして人々のエネルギーなどが混じり合い、なぜかちょっと緊張してしまうキエフの地下鉄。日本に帰り、東京の地下鉄に乗っていると、無性に懐かしくなります。大荷物の私に「ここが空いたよ!」と手振りで教えてくれたマダムの顔が浮かんだりして、心はキエフに飛んでいきます。不思議な魅力のある地下鉄、乗れば乗るほど、みなさんにとっても忘れられない思い出となることでしょう。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/10/12)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索