page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

電車、バス、トラム…降りる準備は万全に、それがウクライナ流?(前編)


掲載日:2018/10/15 テーマ:鉄道 行き先: ウクライナ / キエフ

タグ: ためになる 街歩き 地下鉄 鉄道


ちょっとした出来事が忘れられなくて

トラムには出入り口が複数あり。どこから乗っても降りてもOKです トラムには出入り口が複数あり。どこから乗っても降りてもOKです

旅をしていると、思いもよらない小さなことでも、国による違いを感じることがあります。ウクライナの地方都市のある町でトラムに乗ったときのこと。乗るときには列などないので、みんな適当に乗り込みます。私はいちばん最後になり、車内は混んでいたので、自然とそのまま乗ったドアのそばに立っていました。すると1駅も停まらないうちに、近くにいたマダムが私に言ったのです(以下、私にはわからないウクライナ語ですが、その場の雰囲気で内容には自信があります)。「あなた、次で降りるの?」「い、いいえ…」「なら、そこにいると邪魔よ」。エエー、そんな…。すいているならまだしも、混んでいても…? 私がたじろいでいると、マダムは次の停車駅でさっさと降りていきました。

驚きと疑問で混乱しながら…

あの人はちょっと変わった人に違いない。そう思うことにしました。自分が特に迷惑をかけていたとも思えず、見るからに外国人の私にそれを言い捨てていくとはなんともキビしい…。私の心中を察してか偶然か、すぐ前に座っていた子どもの親と思われる女性が「私たちは次で降ります」と子どもを立ち上がらせたので、私はそこに座ることになりました。このことがあってから、私はうっすらと気になっていた、ウクライナの人たちの「降りることへのこだわり」についてじっくり考えるようになりました。

早めに確実に降りることへの強い思い

以前、ウクライナで初めてトラムに乗ったときの体験を書きましたが、そこで「素早く降りないと発車してしまう」ということに触れました。でもそれは「日本のように停車してから立ち上がったのでは間に合わない」、というレベルです。そうそう理不尽に閉まるわけではなく、私が乗った感じでは、少し気をつけていれば問題ないという印象でした。ところがその後、ウクライナ旅行を重ね観察していると、現地のみなさんはやたらと降りる準備が早いのです。座っている人でも、1つ前の駅ぐらいから立ち上がってドアの方へ向かっていったりします。付近には早々と降りる態勢の人たちが集まっています。少し遅れをとったら降りそこねた、または扉に挟まれた、そんな経験のある人が多いのでしょうか。そう考えると、ドア付近は素早く降りるための大切な領域に思えてきました。(後編へつづく)

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/10/15)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索