バチカン市国旅行・バチカン市国観光徹底ガイド

バチカン市国旅行・バチカン市国観光徹底ガイド

バチカン市国旅行・観光の見どころ・観光情報

ローマ市内にあり、世界最小の国として知られるバチカン市国は、ローマ教皇庁が統治しているカトリックの総本山。国土全域が世界遺産に登録されており、小さい面積の中に観光名所がぎっしり詰まっている。ミケランジェロの「最後の審判」が見られるシスティーナ礼拝堂、バチカン市国の中心にして世界最大級の教会堂建築サン・ピエトロ大聖堂、ベルニーニ設計のサン・ピエトロ広場は必見。システィーナ礼拝堂はバチカン博物館の一部となっており、他にもラファエロなどルネサンスの至宝が集っている。(2016年9月編集部調べ)

バチカン市国へ行くツアーを見る この国のツアー代金相場を見る

バチカン市国の人気問合せ情報

バチカン市国の最安値カレンダー

バチカン市国旅行・観光の選び方

国全体が世界遺産のカトリックの総本山。キリスト教文化の至宝を堪能

ローマ市内にあるバチカン市国を訪れるツアーは、ツアー期間が5日から10日間ほどのイタリア周遊型プランに含まれている。ローマ滞在のフリープランを利用して訪れることも可能だ。一般に公開されているのはサン・ピエトロ大聖堂と広場、システィーナ礼拝堂を含むバチカン博物館。出入国審査はないが、各施設入場前に手荷物検査がある。また、聖地のため露出の多い服装だと入場できない。タンクトップのような肩の出るトップス、膝が出るような短いボトムス、素足の見えるサンダルなどは避けよう。この国独自のカラフルな切手もお土産として人気で、広場に面した郵便局から手紙を出すこともできる。(2016年9月編集部調べ)


バチカン市国のグルメ・伝統料理

ヴァチカン市国内で一般公開されている施設内では、食事ができるスポットはごくわずかに限られる。博物館内にセルフサービスのカフェテリア&バールがあり、パニーノなどの軽食やランチタイムのブッフェなどが利用できる。ツーリストに混じって聖職者たちもここでランチを取ることがある。それ以外、博物館、サン・ピエトロ広場、大聖堂内は飲食が禁じられている。ヴァチカンではグルメを楽しむよりも芸術鑑賞に重点を置くのが得策。 (2015年編集部調べ)

バチカン市国のショッピング情報

バチカン市国内で一般のツーリストが入れる場所は限られている。ショッピングができるスポットは、バチカン博物館内のミュージアムショップ、郵便局、サン・ピエトロ広場にあるお土産屋さん、バチカン郵便局など数カ所しかない。ただしバチカン市国が発行している切手やコインは、ここでしか買えない人気のお土産。バチカンの郵便局から自分宛に投函し、帰国後にバチカンのスタンプが押されたカードを受け取るのもいい記念になるだろう。 (2015年編集部調べ)

バチカン市国の人気ツアー

バチカン市国旅行・バチカン市国観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top