羽田からアメリカへ!待望のデルタ航空が就航!!

エアライン・空港の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

羽田からアメリカへ!待望のデルタ航空が就航!!

掲載日:2010/08/18 テーマ:エアライン・空港 ライター:寺田直子

タグ: おいしい すごい! 憧れ



ABガイド:寺田直子

【エアライン・空港のABガイド】 寺田直子
全ガイドを見る
東京在住。トラベルジャーナリスト。訪れた国は80ヶ国ほど。ホテル、エアライン、リゾートなどの旬な旅情報を雑誌、週刊誌、ウェブ、新聞などに寄稿。ラジオ出演、講演なども行う。著書に「ホテルブランド物語」(角川書店)、「泣くために旅に出よう」(実業之日本社)、「フランスの美しい村を歩く」(東海教育研究所)など。

羽田線で使用するのは、B747-400型機。エアライン好きにはおなじみの「ハイテクジャンボ」。ウイングレットと呼ばれる尾翼先端の小さな翼がこの機種の特徴。 羽田線で使用するのは、B747-400型機。エアライン好きにはおなじみの「ハイテクジャンボ」。ウイングレットと呼ばれる尾翼先端の小さな翼がこの機種の特徴。

ノースウエスト航空と統合して世界最大手のエアラインに

アメリカに行く機会が多い人なら、一度はお世話になったこともあるはず。米系エアライン最大手のデルタ航空は提携エアラインとの広範囲なネットワークにより、世界65カ国、367都市をつなぎ、年間1億6,000万人以上の搭乗者数を誇っている。その、デルタ航空がついに、羽田に就航する。来年2011年の1月末からの予定で、羽田〜デトロイト、羽田〜ロサンゼルスの定期便をデイリーで運航。デトロイトはデルタ航空のハブ(基幹)空港でもあり、設備は充実。これにより、アメリカ西海岸と北東部への旅がぐっと身近になる。

 

羽田線にはビジネスクラス「ビジネスエリート」を導入。シートピッチは60インチ(約153センチ)。フルサイズの枕と、キルティングの羽毛掛け布団が用意されている。 羽田線にはビジネスクラス「ビジネスエリート」を導入。シートピッチは60インチ(約153センチ)。フルサイズの枕と、キルティングの羽毛掛け布団が用意されている。

10億ドルを投資して機内や空港設備をアップグレード

現在、デルタ航空では機内および地上での顧客サービス向上を目指し、2013年半ばまでに総額10億ドル(約850億円!)、年3億ドルを投資、羽田線も含めた太平洋および大西洋横断路線に使用する90機のビジネス、エコノミーに新規シートを導入したり、空港ラウンジを増やしたりする予定になっている。ジャンボ機に搭載予定の新しいエコノミークラスのシートは、軽量化およびパナソニックの省エネシートバックビデオを採用し、環境に優しいつくりになるという。また、新素材の採用により座席の厚みが薄く、座席ピッチ(前の席との間隔)が広がり、より快適になるというから期待したい。

 

ミシェル・バーンスタインシェフによる洋食メニュー例。洋食メニューは毎月、和食メニューは季節毎に変わる。 ミシェル・バーンスタインシェフによる洋食メニュー例。洋食メニューは毎月、和食メニューは季節毎に変わる。

カリスマ女性シェフの斬新な料理に注目!

羽田線に搭載される「ビジネスエリート」で楽しみたいのは、なんといっても機内食だ。マイアミで大成功を収めたセレブリティシェフ、ミシェル・バーンスタインが監修。アメリカ南部最優秀シェフに選ばれた実力派による、革新的なメニューを空の上で味わうことができる。「ビジネスエリート」の食事は、洋食4種類、和食1種類の計5種類からちのチョイス。そのうち、洋食1種類がミシェル氏のメニューとなる。また、マスターソムリエのアンドレア・ロビンソン氏によるワインセレクションもかなり力が入っているようで楽しみだ。

 

名古屋〜ホノルルに使用するボーイング767-300ER型機。ビジネスクラス35席、エコノミークラス181席、計216席で運航される。 名古屋〜ホノルルに使用するボーイング767-300ER型機。ビジネスクラス35席、エコノミークラス181席、計216席で運航される。

名古屋〜ホノルル、そして、成田〜パラオと新路線も続々!

デルタ航空の躍進は、羽田路線だけにとどまらない。今年12月22日からは、中部国際空港セントレアとホノルル間を毎日運航するノンストップ便を開始する。スケジュールは、セントレア発が7:50 p.m、ホノルル到着8:05 a.m。市街地に隣接するセントレアだけに、仕事を終えてから出発できるスケジュールがありがたい。さらに、リゾート&ダイバーに朗報なのが、成田空港と楽園パラオを結ぶ直行便が12月22日から運航開始されること。わずか5時間程度のフライトで、驚くほど濃密な大自然とクリスタルブルーの海が待っている憧れのパラオに到着。直行定期便の利便性を大いに活用したい!

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/08/18)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

この記事の関連情報

関連記事
エアライン・空港の記事一覧
 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事